あの丘越えて(1951)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

白濱研一郎は妻に死なれたとき、娘萬里子を婆やのあやにあずけた。萬里子は山の牧場ですくすくと大きくなって今年十三歳になったが、その間父研一郎は朝子を妻に迎え、事業も成功したので、萬里子を東京へ呼び戻すことになった。萬里子は婆やや馴染深い牧場の馬たちに悲しい別れをつげ、自分の家庭教師となるという大助に迎えられて初めて父の家へ帰った。朝子は実子にも及ばぬほど萬里子を可愛がってくれるので、野育ちの乱暴な動作や田舎言葉を学校で笑われながらも幸福であった。それに大好きな大助が色々と相手をして教えてくれるので次第に都会の少女らしく美しくなった。朝子の父伍平は、萬里子を朝子の実子と思い込んで、頑固一徹な彼も無邪気な萬里子を次第に愛するようになっていた。しかし世の中はままならず、その頃から研一郎の事業が思わしくなくなりはじめた。伍平にその援助を頼んでいる折しも、里子の誕生日で、大助のすすめで萬里子が亡き母の作曲した歌を歌ったことから、萬里子が朝子の実子でないことが伍平に知れ、彼をいどくおこらせた。萬里子は自分のために家が苦境におちたことを知ってひとり山へかえった。それは偶然あやの臨終に間に合った。一時の怒りで人々を傷つけたことを後悔し、やはり萬里子を可愛く思う伍平の提案で、みんなそろって萬里子を山へ迎えに来たのだった。


解説

製作は「飛び出した若旦那」の山口松三郎で、雑誌「キング」所載の菊田一夫の原作から、同じく「飛び出した若旦那」の瑞穂春海が脚色、監督に当り、「麦秋」の厚田雄春が撮影を受持っている。出演者は「ひばりの子守唄」の美空ひばり、「飛び出した若旦那」の鶴田浩二、「麦秋」の井川邦子のほかに森川まさみ、河村黎吉、飯田蝶子、坂本武、堺駿二などである。


配給松竹
制作国日本 (1951)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1951年11月01日より



スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽

キャスト

俳優名役名
美空ひばり (Misora Hibari)白濱萬里子
鶴田浩二 (Koji Tsuruta)能代大助
新田實白濱研一郎
森川まさみ妻朝子
河村黎吉倉橋伍平
飯田蝶子婆やあや
坂本武大野
井川邦子鹿島由技枝
北竜二 (Ryuji Kita)山崎
堺駿二艶歌師A
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック