激怒する牡牛

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

幼い頃父を亡くした繁少年は、牛使いの名人といわれた円吉じいさんによって育てられてきた。じいさんの牛に生れた牡の仔牛が、少年の唯一の親友だった。じいさんも、少年と仔牛の遊び戯れる姿に、彼を立派な牛山師に仕立てようと決めていた−−それから七年、仔牛は見事な巨牛となり繁も逞しい青年となって、牛山師としての生活が始まった。仙頭岩吉の引立てで、繁はみるみるうちに仕事を習得したが、この様子に仲間の荒くれ男鉄三は快く思わなかった。ある日、直径二米もある巨木を六頭の牛で引いて急坂にさしかかった時、元牛をやっていた鉄三牛がどうしてもいうことを聞かぬので、仙頭岩吉は元牛を繁牛に代らせて無事に難所を切り抜けた。その帰途、鉄三は繁を待伏せして、鉄三牛を繁牛にけしかけ、先刻の仕返しをしようとした。だが、鉄三牛は繁牛の力を感じて闘おうとしない。鉄三は激怒して自分の牛を殺し、折から山祭の夜、酔払って繁の家に暴れ込んだが、誰もいないので繁牛に八ツ当りをした。繁牛は猛然と反撃して、彼を暗闇の崖下に突落した。山の掟で人を傷つけた牛は殺さねばならない。だが、鉄三を快く思わぬ岩吉らの計いで、繁は牛と共に故郷を離れた−−山を越え川を渡り、仕事場を求めて繁と牛の流浪の旅は続けられた。川のほとりの村、少女ツルとふと知り合った彼は材木商をやっている彼女の家で働くことになった。しかし、そこにも鉄三の手が伸びた。繁と牛とは川を渡って逃れようとしたが、鉄三はセキを切って激流に繁と牛を溺れさせようとした。だが、繁と牛との愛情に心うたれた鉄三に、人間の心が甦り、乾分たちが驚くのを尻目に繁と牛を助けるため、激流へ身を躍らせた。


解説

熊本県出身の作家・小山勝清の小説『牛使いの少年』の映画化。「米」の八木保太郎が脚色、監督を「検事とその妹」の古賀聖人と「哀愁の園」の吉村廉が担当、撮影は竹内光雄と瀬川順一。主演は、「狙われた土曜日」の月田昌也、「マダム」の左幸子、「フランキーの宇宙人」の菅井一郎、「眠狂四郎無頼控 第二話 円月殺法」の河津清三郎。ほかに英百合子、薄田研二、清水元、本郷秀雄など。


配給新東宝
制作国日本 (1957)
ジャンル 

1957年05月08日より



スタッフ

監督
脚本
原作
製作総指揮
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
月田昌也
斎藤弘毅繁(少年時代)
菅井一郎円吉
英百合子カネ
増山智子千代
亘征子千代(少女時代)
河津清三郎岩吉
清水元万作
田中肇子万作の妻
石黒達也鉄三
深見泰三原田
薄田研二奈須
木下ゆず子奈須の妻
左幸子 (Hidari Sachiko)ツル
本郷秀雄
打越正八
陶隆司
柳谷寛卯七
幸田宗丸弥蔵
飯野公子先生
望月伸光牛買い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック