結婚三銃士

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

会田時彦は化粧製造販売会社の女社長小村女史に多くの就職希望者の中から採用された。復員者の彼は一番待っていてくれる愛子の所へ報らせたが、何故か彼女は喜ばなかった。愛子には会田時彦と愛を誓ってはみたものの、彼の留守中に彼女の心はみたされず、別の愛人が出来てしまったのである。時彦はこれを知って彼等達の幸福を願って身を引いたが、自分のためには幸福ではなかった。毎晩カフェーを飲み歩き、満足に会社にも出勤しなかった。またカフェーの百合、君子達は時彦をお互いに独占しようとしたが、時彦は相手にはしなかった。丁度その頃、小村社長の姪にあたる、小村輝美が化粧品の製造部に勤務していた。彼女は何くれとなく時彦をなぐさめてくれる。承知しないのが百合、君子達である。しかし輝美も彼女達と協定を結んで彼を独占しなかった。だがいつの間にか仕事を毎日一緒にしていると、友情はやがて愛情に変わり、愛情が真の恋愛に進んでいた。小村女社長は彼を採用した時から、「出雲の神様」であった。もちろん、百合、君子達も反対はしなかった。二人が結ばれたことは皆の幸福でもあった。


解説

「すいれん夫人とバラ娘」「花婿三段跳び」のユーモア作家、中野実の原作を、「君待てども」「花婿三段跳び」の池田忠雄と「はたちの青春」「すいれん夫人とバラ娘」の柳井隆雄が協同脚色し、「駒鳥夫人」「夢よもういちど」の野村浩将が監督する。カメラは「夢よもういちど」「三百六十五夜(1948)」の三村明が当たる。主演は「夢よもういちど」の上原謙、高杉早苗をはじめ、「歌うエノケン捕物帳」の笠置シヅ子、暫くぶりにカムバックした森赫子や、若原春江、清川虹子らがそれぞれ助演する。


配給新東宝
制作国日本 (1949)
ジャンル 

1949年03月21日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
上原謙会田時彦
高杉早苗小村輝美
笠置シヅ子百合
森赫子君子
若原春江愛子
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)女社長小村女史
杉寛支配人鷲尾
江見俊太郎島田
水谷真弓ユーワ事務員
清川玉枝愛子の母
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック