人間の翼 最後のキャッチボール

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和15年、佐賀商業野球部には“いひゅう(異風)者”と呼ばれたエース・石丸進一がいた。厳しい練習に明け暮れる毎日の中で、彼は東京生まれの女子高生・桜井圭子に出会い、恋におちる。翌年、卒業式を待たずして上京した進一は、兄・藤吉の所属していたプロ野球・名古屋軍に入団し、デビュー戦でいきなり完封勝利をあげる大活躍を見せた。選手生活のかたわらで日本大学の夜間部に通っていた進一は、その後もエースとして活躍を続け、昭和18年10月12日の対大和戦では戦中最後のノーヒットノーランを達成する。ところが、選局の悪化にともない、文科系学生の進一にも召集命令が下った。進一は同じ年の12月に佐世保の相之浦海兵団に入団し、翌年2月には第14期海軍飛行専修予備学生となって、土浦の海軍航空隊に入隊することとなった。ある日、進一は女子挺身隊として勤労奉仕に勤しんでいた圭子と再会する。ふたりは戦火の中、ひそやかな愛を育んでいったが、昭和20年、大空襲に見舞われた東京で、圭子は命を落としてしまう。失意の進一は自ら特攻隊を志願した。そして5月、出撃の朝を迎えた進一は、法政大学野球部出身の本田耕一と最後のキャッチボールをすると、大空へ向かって飛び立っていった。


解説

野球への情熱を燃やしながら戦中を生き、特攻隊員として24歳の若さで命を散らせた実在の元プロ野球投手・石丸進一(名古屋軍=現・中日ドラゴンズ)をモデルにした青春ドラマ。監督は「男組 少年刑務所」の岡本明久。牛島芳彦の原作を、岡本と斎藤力が脚本化した。撮影は高岩震が担当している。主演は「鬼平犯科帳」の東根作寿英。戦後50周年平和祈念映画。


配給CINEMA CRAFT
制作国日本 (1996)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1996年06月29日より



スタッフ

監督
監修
特撮監督
脚本
原作
製作総指揮
製作
プロデューサー
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
監督補
助監督
スクリプター
製作委員
特殊効果

キャスト

俳優名役名
東根作寿英 (Toshihide Tonesaku)石丸進一
山口真有美桜井圭子
酒井一圭 本田耕一
佐藤允 (Makoto Sato)石丸金三
馬渕晴子石丸ソデ
藤王みつる石丸藤吉
久保田篤石丸刀雄
川津祐介桜井文太郎
長内美那子桜井澄江
誠直也小西得郎
高岡健二原弁一
うえだ峻小阪三郎
ヨネスケ赤嶺昌志
小泉博岡村基春
広岡瞬山岡荘八
荒谷公之飛行長
田辺一鶴写真屋
一谷伸江 (Nobue Ichitani)女将
松崎真窓乃梅の旦那
粟津號配属将校
外波山文明大坪書店店長
横山あきお南里呉服店店主
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック