若桜千両槍

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

笹野権三郎は、九州におもむき槍の名人高田又兵衛の門をたたき、宝蔵院流の奥義はもちろん武芸百般を究めた。紀州藩主紀伊大納言頼宣の御前試合で、家老の権政を笠にきる羽織組の用心棒種田五郎左衛門を相手どり、槍術指南役をかち得た。しかし、羽織組の怨みと、権三郎に思いを寄せる叔父権太夫の娘雪乃に横恋慕する彦太郎のねたみを買い、乱闘を演じ、藩を離れることになった。権三郎は江戸に向った。侠客楯の富吉の世話になり、富吉の妹お里に慕われるようになった。権三郎が発ってしばらくして、権太夫は彦太郎と羽織組のため殺され、雪乃は逃れて江戸へ向っていた。彦太郎と羽織組も江戸入りし、武家政一家に転りこんでいた。権三郎は吉原で、雪乃に会った。一切を聞き、復讐を誓った。紀州の江戸屋敷に伺候し、頼宣に権太夫の仇討ちを誓い、武家政一家に走る。雪乃も後を追った。武家政一家は百人余り、彦太郎と羽織組も一斉に、お里を囮に刀を抜いた。が、富吉一家の助勢を受けた権三郎は、宝蔵院流奥伝の槍を駆使して活躍、めでたく権太夫の仇を討った。自ら馬を馳せた頼宣が、権三郎、雪乃に仇討免許状を投げつけた。感泣する二人の頭上で、富吉一家の手が鳴った。


解説

柳川真一と「孔雀秘帖」の結束信二の共同脚本を、「風雲児 織田信長」の河野寿一が監督した、槍の権三の物語。撮影は「ひばり捕物帖 ふり袖小判」の山岸長樹。


配給東映
制作国日本 (1960)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1960年02月03日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
東千代之介 (Chiyonosuke Azuma)笹野権三郎
渡辺篤笹野権太夫
丘さとみ雪乃
里見浩太朗 (Kotaro Satomi)紀伊大納言頼宣
大河内傳次郎高田又兵衛
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)楯の富吉
花園ひろみお里
星十郎達磨の喜六
富久井一朗消炭の達吉
加賀邦男種田五郎左衛門
東野英治郎 (Eijiro Tono)政五郎
浦里はるみおえん
小田部通麿不動の銀十郎
阿部九洲男柳沼美濃
小柴幹治 (Kanji Koshiba)柳沼彦太郎
片岡栄二郎 (Eijiro Kataoka)赤沼三五郎
国一太郎海野進之助
石井一雄 (Kazuo Ishii)金井市之進
藤木錦之助川北達之丞
浅野光男柴崎蔵人
尾上鯉之助森数馬
柳谷寛藤吉
堺駿二勘吉
正司花江風太夫
正司歌江月太夫
正司照枝花太夫
松風利栄子染奴
富永佳代子菊奴
霧島八千代お絹
五条恵子お春
青柳竜太郎 (Ryutaro Aoyagi)荒金大五郎
香川良介大島典膳
小沢桂子屋台の女1
梅田和代屋台の女2
佐藤幸也屋台の女3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック