サザエさんの婚約旅行

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

サザエさんのお父さんに若松のお祖母さんから、お祖父さんの三十三回忌に来てほしいとの手紙がきた。お父さんは、サザエさんの婚約者フグ田君が九州から上京してくる筈なのが中止になりサザエさんがガッカリしていたときだけに、彼女を若松にやる旁らフグ田君と会ってくるようにと、サザエさんとカツオ君を代表として出発させた。途中、相変らずのそそっかしさを発揮して若松へ着いたサザエさんは、三十三回忌の法要の夜も男性に負けじとお酒を飲み踊り出したため伯父さんたちから大目玉を頂戴した。「大阪の叔母さんの旅館で行儀作法を教えてもらいなさい」という伯父さんの言葉にベソをかきそうになっているところへ、フグ田君が休暇をもらって訪ねてきた。フグ田君の案内で、サザエさんは北九州の名所を楽しく回ったが、佐世保へ行く観光船の中で、フグ由君の下宿先の娘でヅカガールの悦子さんに出会ってから様子がおかしくなってきた。フグ田君と親しげに話す悦子さん。サザエさんは面白くないままに北九州一周を終り、カツオ君と帰京することになった。見送りに来たフグ田君は近く大阪へ転勤になると告げた。帰りの汽車が大阪に着いたときサザエさんは何かにとりつかれたように途中下車、叔母さんの旅館へ行った。彼女は、フグ田君の来るまで、ここで働くことにした。ヅカガールで大阪の近くに住む悦子さんに恋人を取られまいと。やがてフグ田君が大阪へ転勤してきた。叔母さん初め揃って宝塚大劇場へ出かけた。姫君に扮した悦子さんが舞台に現れた。フグ田君の猛烈な拍手。サザエさんは急に席を立って表へ出た。驚いたフグ田君は後を追いかけ、「僕が好きなのはサザエさんだけだよ」と婚約指輪をその指にはめてやった。


解説

「サザエさんの青春」につづくサザエさんシリーズの第四作。長谷川町子の漫画を、「ろまん化粧」の笠原良三が脚色し、「ちゃっきり金太」の青柳信雄が監督、「大番 (完結篇)」の西垣六郎が撮影した。出演者は第一作からお馴染の江利チエミ・松島トモ子・藤原釜足・清川虹子のメンバーに、花菱アチャコ・浪花千栄子のコンビが加わり、また小泉博・山田真二・安西郷子らも顔を揃える。パースペクタ立体音響。


配給東宝
制作国日本 (1958)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1958年08月26日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
振付

キャスト

俳優名役名
江利チエミ (Chiemi_Eri)磯野サザエ
白田肇磯野カツオ
松島トモ子磯野ワカメ
藤原釜足 (Kamatari Fujiwara)サザエの父親
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)サザエの母親
小泉博フグ田君(サザエの恋人)
安西郷子悦子(フグ田君の下宿先の娘)
花菱アチャコ西野万造(サザエの叔父)
浪花千栄子西野ちえ(サザエの叔母)
藤木悠西野ノリオ(サザエの従兄)
環三千世西野ユリ子(サザエの従姉)
頭師正明ユリ子の弟
竹野マリ妹タマ子
山田珠代松子
八代目坂東三津五郎 (Bando Mitsugoro VIII)磯野本家の伯父(若松)
一の宮あつ子磯野本家の伯母(若松)
岡田浩郵便配達夫(東京)
橘美津子女車掌(若松)
守住清
佐々十郎新婚の青年(雲仙)
桜井園子青年の新妻
仲塚雅哉番頭(旅館・島原)
水代玉藻観光バス車掌(大阪)
山田真二松原君(ユリ子の恋人)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック