グリフターズ 詐欺師たち

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ロサンゼルス。リリー(アンジェリカ・ヒューストン)は競馬のノミ行為を行ない、14歳しか違わないその息子のロイ(ジョン・キューザック)はバーテンダー相手の詐欺をくり返し、恋人マイラ(アネット・ベニング)は色仕掛けでまがい物の宝石を売りつけていた。生き方、手口こそ違え、3人はグリフター(詐欺師)だった。ロイがバーテンダーに詐欺を見破られ、腹にパンチを見舞われた次の日、リリーが8年ぶりに息子を訪ねてきたが、彼女の目の前でロイは倒れ病院に運ばれる。リリーは病院へ寄ったために賭けるべきレースに遅れ、大損したボスのボーボー(パット・ヒングル)は彼女に制裁を加えた。一方退院したロイはマイラを連れてサンディエゴまでの汽車の旅を楽しむ。車中で彼はマイラから彼女が10年前伝説的な詐欺師コールと行なっていたコン・ゲーム(信用詐欺)を一緒にやろうと持ちかけられるが、他人と組むなという昔の忠告を思い出し、誘いを断わる。マイラはロイの弱腰はリリーが原因だと逆恨みし、リリーが大金を車のトランクに貯めこんでいることをタレ込む。そのためリリーは組織に追われ、モーテルに逃げ込むが、追ってきたマイラともみあっているうちにリリーは彼女を撃ち殺してしまう。リリーはマイラになりすまし、ロイもその事に気づきながらもマイラの死体をリリーだと警察に言う。ロイが部屋に戻ると、リリーが彼の大金を持って逃げようとしていた。彼女はヒステリックになっており、誤って息子も殺してしまう。気も狂わんばかりに泣き崩れながらも、リリーは血で赤く染まった札束をかき集め、あてもなく黄昏の街に姿を消していった。


解説

母、息子、その恋人の3人のグリフター=詐欺師たちの運命を描く。エグゼクティプ・プロデューサーはバーバラ・デ・フィーナ、製作はマーティン・スコセッシ、ロバート・ハリスとジェームズ・ベインテン、監督は「危険な関係」のスティーブン・フリアーズ、ジム・トンプソンの原作をドナルド・E・ウェストレイクが脚色、撮影はオリヴァー・ステイプルトン、音楽はエルマー・バーンスタインが担当。出演はアンジェリカ・ヒューストン、ジョン・キューザックほか。


配給ユーロスペース
制作国アメリカ (1990)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1991年09月14日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作総指揮
製作
制作補
撮影
美術
音楽
編集
字幕

キャスト

俳優名役名
アンジェリカ・ヒューストン (Anjelica Huston)Lily
ジョン・キューザック (John Cusack)Roy
アネット・ベニング (Annette Bening)Myra
パット・ヒングル (Pat Hingle)Bobo
ヘンリー・ジョーンズ (Henry Jones)Simms
J・T・ウォルシュ (J. T. Walsh)Cole
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック