アルビノ・アリゲーター

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

強盗に失敗した兄弟のドヴァ(マット・ディロン)とマイロ(ゲイリー・シニーズ)と友人のロウ(ウィリアム・フィッチナー)の3人組は警官を殺してしまい、ディノ(M・エメット・ウォルシュ)が経営するバーに逃げ込んだ。しかし、警察は3人を追跡中の銃器密輸犯と勘違いしていたため、あっという間に包囲し、ディノ、ジャネット(フェイ・ダナウェイ)、ダニー(スキート・ウーリッチ)の親子、ジャック(ジョン・スペンサー)、ギイ(ヴィーゴ・モーテンセン)が人質になった。まず、逃げようとしたディノが殺された。ギイが、人質のふりをして逃げればいいと3人に提案するが、なかなか方針が決まらず、結局、バスと飛行機の準備を要求した。一方、TVでは銃器密輸犯の容疑者としてギイのことが報道される。警察が追っている武器商人とはギイだったのである。そのうち、3人は仲間割れを始め、ドヴァは投降しようとするが、マイロに銃口を向けるた。絶望したマイロは自殺する。次にジャックが半殺しにされ、ジャネットは残された息子ダニーをかばうため、彼等の命ずるままに、ジャックを射殺した。その銃声を聞いて、踏み込んできた警察はギイとロウを射殺する。残された3人は無事救出された。


解説

警察に包囲された極限状態の中、3人の強盗と5人の人質の心理戦を描いた密室サスペンス。監督は「ユージュアル・サスペクツ」「セブン」の名演で一躍注目された個性派俳優ケヴィン・スペイシーで、彼の監督デビュー作。脚本は本作がデビューとなるクリスチャン・フォルテ。製作は「ジム・キャリーはMr.ダマー」のブラッド・クレヴォイ、スティーヴン・ステイブラー、ブラッド・ジェンケル。撮影は「アフター・ダーク」のマーク・プラマー。音楽は異能派ギタリストでもあるマイケル・ブルック。美術はネルソン・コーツ。編集は「クロッシング・ガード」のジェイ・キャシディ。衣裳はイシス・ムセンデン。出演は「誘う女」のマット・ディロン、「ドンファン」のフェイ・ダナウェイ、「身代金」のゲイリー・シニーズ、「アンダーワールド」のジョー・マンテーニャ、「クリムゾン・タイド」のヴィーゴ・モーテンセン、「評決のとき」のM・エメット・ウォルシュほか新旧の個性派が顔をそろえる。


配給東北新社
制作国アメリカ (1996)
ジャンル 

1998年02月28日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
マット・ディロン (Matt Dillon)Dova
フェイ・ダナウェイ (Faye Dunaway)Janet Boudreaux
ゲイリー・シニーズ (Gary Sinise)Milo
ウィリアム・フィクナー (William Fichtner)Law
ヴィゴ・モーテンセン (Viggo Mortensen)Guy Foucard
ジョン・スペンサー (John Spencer)Jack
スキート・ウーリッチ (Skeet Ulrich)Danny Boudreaux
フランキー・フェイゾン (Frankie Faison)Agent Marv Rose
メリンダ・マクグロウ (Melinda McGraw)Jenny Ferguson
M・エメット・ウォルシュ (M. Emmet Walsh)Dino
ジョー・マンティーニャ (Joe Mantegna)A.T.F. Agent G.D. Browning
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック