遊侠往来

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

岡源親分は、お仙のことで加助と留吉が争うのを心配して自分の甥とお仙を結婚させようとするが、一旦承知したお仙も、加助と留吉の熱情にほだされ、親分への義理から東京へ家出する。橋伝はこの事をきいてわざと面あてに立派な結婚祝いを持ち込むので、加助と留吉はお仙を探しに東京へやられる。お仙は二人とも親分に気兼ねして、おめおめそんな使いをすることをののしるが、そこへ橋伝との野球試合あり、すぐかえれの電報で、二人は若松へとんで帰る。試合の当日になると、留吉は加助に「三振を打ち取ったらお仙をゆずる」といってはげまし、加助は留吉に「ここでかっ飛ばしたらさっきのお仙の件は帳消しにする」といってはげまし、見事に岡源チームに凱歌をあげさせたのだった。


解説

「新遊侠伝(1951)」の後編(“東京編”)。


配給新東宝
制作国日本 (1951)
ジャンル 

1951年05月18日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽

キャスト

俳優名役名
小堀誠岡源
藤田進 (Susumu Fujita)加助
森繁久彌 (Hisaya Morisige)留吉
谷三平金平
高松政雄紋太
若月輝夫黒助
澤村昌之助ピン公
岡龍三ひょろ亀
進藤英太郎橋伝
山本礼三郎虎五郎
伊藤雄之助銀公
永井柳太郎乾分の源六
小坂まさるちょろ松
花井蘭子お仙
一の宮あつ子川太郎のお神
火野葦平審判
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック