パトリス・ルコントの大喝采

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

エディ・カルパンティエ(ジャン・ロシュフォール)は端役専門役者、ヴィクトール・ヴィアラ(フィリップ・ノワレ)は引退した大根役者だが、復帰のチャンスを狙っている。二人は興行師シャピロン(ミシェル・ブラン)が喜劇『スクビドゥー』の出演者を探していると聞きつけ、旧友ジョルジュ・コックス(ジャン=ピエール・マリエル)を引き込んで三人セットで売り込む。シャピロンは借金に追われ、この巡業を中止させてその保険で高飛びしようと企んでいた。彼はまず主演のカルラ・ミロを陰謀に引き込もうとするが、けんもほろろ。さて、大根老優三人組はあまりの下手さにカルラが激怒。クビになりかけるが、職を守ったばかりか、コックスはドサクサに紛れてギャラの増額まで取り付ける。エディはカルラに猛烈にアタックし、ついにねんごろになる。シャピロンはカルラを狙って怪我をさせるが、彼女は松葉杖姿になっても舞台に立つ。コックスはそんな彼女の怪我した姿を利用して客席から募金を集め、これが大ウケ。シャピロンは舞台でカルラを狙撃しようとする。ヴィクトールはそれに気づき、ギリギリで舞台に駆け込んで彼女を守り、舞台に乱入したシャピロンを三人組は取り押さえた。この一件で大根三人組は一躍人気者に。『スクビドゥーと三人のエース』と改題された舞台は、ブロードウェイ公演まで実現してしまうのだった。


解説

巡業劇団に乗り込んだ三人の老大根役者が繰り広げる騒動を描いたコメディ。監督は「髪結いの亭主」「イヴォンヌの香り」のパトリス・ルコント。製作は「イヴォンヌの香り」のティエリー・ド・ガネイ。ルコントと共に脚本を執筆、台詞を担当したのは「パリ空港の人々」のセルジュ・フリードマン。


配給アルシネテラン
制作国フランス (1995)
ジャンル 

1996年07月27日より



スタッフ

監督
脚本
台詞
製作
撮影
美術
音楽
録音
編集
演奏
字幕

キャスト

俳優名役名
ジャン・ロシュフォール (Jean Rochefort)Eddie Carpentier
フィリップ・ノワレ (Philippe Noiret)Victor Vialat
ジャン・ピエール・マリエル (Jean Pierre Marielle)George Cox
カトリーヌ・ジャコブ (Catherine Jacob)Carla Milo
ミシェル・ブラン (Michel Blanc)Shapiron
クロチルド・クロー (Clotilde Courau)Juliette
ピエール・アーノルド・ジュイン (Pierre-Arnaud Juin)Pat
ジャック・マトゥ (Jacques Mathou)Janvier
ジャン・マリー・ギャレイ (Jean-Marie Galey)Markus
マリー・ピレ (Marie Pillet)Clemence
ジャック・ノロ (Jacques Nolot)Marceau
オリヴァー・パジョー (Olivier Pajot)Le metteur en scene
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック