バタフライ・ラヴァーズ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

時は東晋。身分の違う者同士の結婚は許されなかった時代のこと。名家、祝家。娘インこと祝英台(チャーリー・ヤン)のじゃじゃ馬ぶりに手を焼いた両親は、マー族の高級官吏に嫁がせようと男装をさせて大学に通わせた。かつて自分も男装して通った母の口利きで、一人だけ別宅の書庫で寝起きする彼女だが、偶然そこで苦学生のサンこと梁山泊(ニッキー・ウー)と出会う。友情で結ばれた二人だが、ある日インが女であることが知れると、やがてそれは愛に変わった。だがその矢先、出世亡者の父の画策で、政略結婚のためインは実家に呼び戻される。追いかけてきたサンと山中で結ばれるイン。二人は駆け落ちを試みたが失敗。サンは袋叩きにされて追い出され、インは部屋に閉じ込められた。かなわぬ恋の病の中、インの結婚を知ったサンは衰弱して死んだ。インは彼の死を知り、涙を長し続けた。花婿の家へ向かう嫁入り行列。突如吹き荒れる嵐が一行を止め、行く手に梁山泊の墓標が現れた。牛車を飛び出したインは誘われるように墓標へ近づく。その時、地面が割れ、インは愛する男に抱かれるように姿を消した。


解説

運命に引き裂かれながらも愛し合う男女の悲恋を描くラヴ・ファンタジー。京劇などで知られ、リー・ハンシャン監督版(63)など映画化も多数の古典『梁山伯與祝英台』を、「金玉満堂/決戦!炎の料理人」の才人ツイ・ハークの監督・製作で映画化。脚本はハークとシャロン・ホイの共同。エグゼクティヴ・プロデューサーは「恐怖分子」のレイモンド・チョウ。撮影は「金玉満堂」のピータ・ポウ。音楽は「ラスト・ヒーロー・イン・チャイナ/烈火風雲」のジェームズ・ウォン、クォン・チーレオン、「トワイライト・ランデヴー」のレイモンド・ウォンの共同、美術・衣裳は「恋する惑星」のウィリアム・チョン、編集は「金玉満堂」のマク・チーセン、SFXは新視覚特技工作室がそれぞれ担当。主演は香港の人気アイドル、ニッキー・ウーとチャーリー・ヤンで、女優が男形を演じる歌劇という従来の『梁山伯與祝英台』の映画化パタンを破った新感覚の演出も話題になった。


配給ビターズ・エンド
制作国香港 (1994)
ジャンル 

1996年06月01日より



スタッフ

監督
脚本
エグゼクティブプロデューサー
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン
字幕
特殊効果

キャスト

俳優名役名
ニッキー・ウー梁山伯
チャーリー・ヤン (Charlie Yeung)祝英台
チョイ・カムコン
呉家麗
ラウ・シュン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック