ティコ・ムーン

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

近未来。独裁者マクビー(ミシェル・ピコリ)が支配する、どこかパリに似た植民地の月面都市。一族の血統には、遺伝的欠陥である、細胞組織を侵す青い染みがあった。彼はお抱えの外科医(ジャン=ルイ・トランティニャン)に豚の臓器を移植させて生きながらえていた。そんな折り。新国連と国家共同体が支配する地球は、マクビー一族抹殺のため2人の殺し屋を派遣。マクビーの双子の弟(ミシェル・ピコリ=二役)が暗殺された。死に怯える彼は、20年前に姿を消した最高の臓器提供者“ティコ・ムーン”の行方を追う。反体制活動家でもあった彼は、かつて計画された移植手術の前日死んだとされていたが、最近になって彼の著作が世界各地で出回るようになっていたのだ。死んだ叔父と秘密警察=トリプラクスを組織する双子の息子エドワードとアルヴィン(ヤン・コレット)は早速動きだすが、末子のコンスタンティン(フレデリック・ゴルニー)だけは浮かぬ顔。一人だけ青い染みが出ない彼は、自分は実はティコ・ムーンと、今は麻薬中毒の母エヴァ(マリー・ラフォレ)の間の子ではないかと疑っていたのだ。かくして……。どこかのホテル。自称彫刻家で20年来記憶を失っているアニクスト(ヨハン・レイゼン)に近付く二人の怪しい男女。ひとりは殺し屋のレナ(ジュリー・デルピー)、もうひとりは米国のジャーナリストを名乗るグレンバー(リシャール・ボーランジェ)。アニクストに秘密警察の手が伸びるが、二人は彼の身を守るかのようにいつも近くにいる。ほどなく恋仲になるレナとアニクスト。一方。兄エドワードも暗殺され、父のように死に怯えるアルヴィン。いよいよ秘密警察はアニクストを連行。レナはアニクストと逃亡。グレンバーは陰ながら二人を助けていた。再度連行されたアニクストを救出に向かうレナとグレンバー。レナはティコ・ムーンを父と信じるコンスタンティンによって、アニクストの護衛のために、そしてグレンバーは、新国連によって、マクビー一族抹殺のために雇われた殺し屋だったのだ。ティコ・ムーンの著作はグレンバーの手によるものだった。手術のため官邸に監禁されたアニクスト。アニクストはエヴァと再会、“ティコ・ムーン”である自分の記憶も少し甦らせる。そこへレナが侵入、応戦したアルヴィンは射殺された。二人はグレンバーに撃たれたマクビーを冷凍睡眠カプセルに葬り、官邸を脱出。二人を追ったコンスタンティンは、つけてきたグレンバーと相撃ちに倒れた。死体の首に浮かぶ青いあざ。彼もマクビーの息子だったのだ。アニクストとレナは宇宙船で月を離れた。


解説

近未来の月面都市を舞台に、頽廃した独裁者一族と、彼らに追われる臓器提供者の駆け引きを描いたSFサスペンス。監督・原案・脚本は、フランスのバンド・デシネ(BD)と呼ばれる劇画の旗手エンキ・ビラルで、「バンカーパレス・ホテル」(89)に次ぐ監督第2作。共同脚本はダン・フランク。製作はモーリス・ベルナール、クリストフ・マイアー=ヴァイル。製作総指揮はアラン・サントンズ。撮影は「そして僕は恋をする」のエリック・ゴーティエ。音楽はゴラン・ヴォイヴォダ。美術はジャン=ヴァンサン・プゾス。編集はティエリー・ドロクル。録音はジャン=ルイ・ユゲット、フランソワ・グルー、ロビ・ギュファー。衣裳はエステール・ワイズで、劇中の一部の衣裳をヨージ・ヤマモト、立野浩二ら日本人デザイナーが提供しているのも見どころ。主題歌はブリジット・バルドーの『ミスター・サン』。出演は「恋人までの距離」のジュリー・デルピー、舞台俳優として有名な「王妃マルゴ」のヨハン・レイゼン、「オディールの夏」のリシャール・ボーランジェのほか、「ボーマルシェ/フィガロの誕生」のミシェル・ピコリ、「太陽がいっぱい」のマリー・ラフォレ、ビラルとは前作でも組んだ「ロスト・チルドレン」のジャン=ルイ・トランティニャンらベテラン勢が怪演を見せる。ほかに「ギターはもう聞こえない」のヤン・コレット、「野性の葦」のフレデリック・ゴルニーなど。


配給パルコ=ザナドゥー配給(パルコ=ザナドゥー=アクザ提供)
制作国フランス ドイツ イタリア (1997)
ジャンル 

1997年08月02日より



スタッフ

監督
脚本
原案
エグゼクティブプロデューサー
製作
撮影
美術
音楽
録音
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
ジュリー・デルピー (Julie Delpy)Lena
ヨハン・レイセン (Johan Leysen)Anikst
ミシェル・ピッコリ (Michel Piccoli)MacBee
マリー・ラフォレ (Marie Laforet)Eva
リシャール・ボーランジェ (Richard Bohringer)Glenbarr
ヤン・コレット (Yann Collette)Edward
ヤン・コレット (Yann Collette)Alvin
ペーター・ベルリング (Peter Berling)Gomersky
フレデリック・ゴーニー (Fredric Gorny)Konstantin
スヴェトザル・ツヴェトコヴィッチ (Svetozar Cvetkovic)Le Sbire
ロジェ・デュマ (Roger Dumas)Patron
ジャン=ルイ・トランティニャン (Jean-Louis Trintignant)Le chirurgien
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック