シークレット 嵐の夜に

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

広大な農場の主ラリー・クック(ジェイソン・ロバーズ)は、ある日農場を株式会社にして子供たちに株を分け与えると提案。農場を手伝う長女ジニー(ジェシカ・ラング)と次女ローズ(ミシェル・ファイファー)は賛成するが、三女で弁護士のキャロライン(ジェニファー・ジェイソン・リー)は反対。腹を立てたラリーはさっさと農場をジニー夫婦とローズ夫婦に譲ってしまう。しかし、生き甲斐だった農場を失ったラリーは、やがてジニーとローズを憎むようになり、ある嵐の夜、娘たちを罵り、荒れ狂って家を飛び出す。その夜、ローズは、父が少女だったジニーを犯し、さらにローズとも寝ていたという衝撃の事実をハッキリとした記憶のないジニーに告げる。父の暗い一面を知らないキャロラインは、父の言い分を鵜呑みにして、姉たちが父の土地を不当に奪ったとして訴訟を起こす。姉妹は近隣の者たちに非難の目で見られるが、ジニーの夫タイ(キース・キャラディン)はキャロラインの味方をする。隣家の息子ジェス(コリン・ファース)はジニー、そしてローズとも関係を持った優男だったが、ローズの夫ピート(ケヴィン・アンダーソン)は妻の不倫を知って泥酔して溺死。そんな中、裁判は開かれ、ラリーが精神錯乱の状態だったため、土地は合法的な譲渡だと判決は下りる。全てに未練のなくなったジニーはひとりで都会へ出て生活を始めるが、ローズが乳ガンを再発して入院したことを知り、帰郷。深い絆を持つ妹の死をみとったジニーは、ローズのふたりの娘と共に生きることを決意するのだった。


解説

大農場で暮らす3人姉妹と、その父親の確執を描いた人間ドラマ。監督は「キルトに綴る愛」のジョセリン・ムーアハウス。製作は「エアフォース・ワン」のマーク・アブラハム、「ゲーム」のスティーヴ・ゴリン、リン・アロスト、ケイト・ギンズバーグ、「バスキア」のシガージョン・サイヴァトソン。製作総指揮は「エアフォース・ワン」のアーミアン・バーンスタインとトーマス・A・ブリス。原作はジェーン・スマイリーのピューリッツァー文学賞受賞の長編(邦訳『大農場』、中公文庫刊)で、脚本は「ある貴婦人の肖像」のラウラ・ジョーンズが担当。撮影は「羊たちの沈黙」のタク・フジモト。音楽はリチャード・ハートレー。美術はダン・デイヴィス。衣裳は「エマ」のルース・マイヤーズ。出演は「素晴らしき日」のミシェル・ファイファー、「ブルースカイ」のジェシカ・ラング、「フィラデルフィア」のジェニファー・ジェイソン・リー、「トゥー・デイズ」のキース・キャラディン、「フィラデルフィア」のジェイソン・ロバーズほか。


配給ギャガ・コミュニケーションズ
制作国アメリカ (1997)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚本
原作
エグゼクティブプロデューサー
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
ミシェル・ファイファー (Michelle Pfeiffer)Rose Cook Lewis
ジェシカ・ラング (Jessica Lange)Ginny Cook Smith
ジェイソン・ロバーズ (Jason Robards)Larry Cook
ジェニファー・ジェイソン・リー (Jennifer Jason Leigh)Caroline Cook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック