シーズ・ソー・ラヴリー

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

放浪癖のある重度のアル中患者エディ(ショーン・ペン)は、妊娠中の妻モーリーン(ロビン・ライト・ペン)が隣人から受けた暴行の腹いせに、銃を振り回し、精神病院に強制収容されることとなった。それから10年が立ち、退院することになったエディだが、その歳月を認識できない。「3ヶ月で出られる」と約束した彼女の言葉でエディの時間は止まったのだ。しかし、入院中に彼女は離婚し、裕福なジョーイ(ジョン・トラボルタ)と結婚、今では三児の母となっていた。彼女は荒みきっていた自分を救ってくれたジョーイを愛しているものの、エディのことを片時も忘れたことはなかった。退院したエディは、ジョーイを訪ねた。そこにはエディとモーリーンの子供も住んでいたが、エディは激しく動揺する。挙げ句にモーリーンは自殺未遂を起こした。エディは、彼女を激しく抱き寄せた。いつかモーリーンの心は決まっていた。彼女は3人の子供たちをひとりひとり抱き寄せる。エディは階段に座りこみ、自分の娘とはじめて向き合った。そしてふたりは、車に乗って邸宅を後にした。家の前には、いつまでも3人の子供たちとジョーイの姿があった。


解説

若く無軌道なカップルが、その過激さゆえにいったんは失った愛を、10年を経て再び取り戻すまでを描く濃密なラヴ・ストーリー。「ラヴ・ストリームス」はじめ、米インディペンデント映画界の先駆者だった故ジョン・カサヴェテスが20年前に書き下ろした脚本を、彼の実子で本作が監督第2作となるニック・カサヴェテスが映画化。主演は元々本作の映画化権を取得していた「クロッシング・ガード」(監督)「ゲーム」(出演)のショーン・ペンと、彼の妻のロビン・ライト・ペン(「クロッシング・ガード」)。製作は「ミルドレッド」のルネ・クレイマン。製作総指揮は「ミルドレッド」のベルナール・ブイとジェラール・ドパルデュー、ショーン・ペン、本作の共演者である「フェイス/オフ」のジョン・トラヴォルタの共同。共同製作総指揮は「コップランド」のボブとハーヴェイのワインスタイン兄弟。撮影は「フィフス・エレメント」のティエリー・アルボガスト。音楽はジョゼフ・ヴィタレリがスコアを担当し、音楽監修にアマンダ・シーア・デムがあたった。美術はクエンティン・タランティーノ作品で知られるデイヴィッド・ワスコ。編集は「ミルドレッド」のペトラ・フォン・オールフェン。衣裳は「グッド・ウィル・ハンティング」のベアトリス・アルーナ・バストール。共演は「ストレンジャー」のハリー・デイーン・スタントン、ニックの実母である「ミルドレッド」のジーナ・ローランズ、「スペース・トラッカー」のデビ・メイザーほか。「ロッキー」シリーズのタリア・シャイアとバート・ヤングが特別出演。


配給アスミック
制作国アメリカ フランス (1997)
ジャンル 

1998年03月21日より



スタッフ

監督
脚本
エグゼクティブプロデューサー
製作
撮影
美術
音楽
音楽監修
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
ショーン・ペン (Sean Penn)Eddie
ロビン・ライト・ペン (Robin Wright Penn)Maureen
ジョン・トラヴォルタ (John Travolta)Joey
ハリー・ディーン・スタントン (Harry Dean Stanton)Shorty
デビー・マザール (Debi Mazar)Georgie
ジーナ・ローランズ (Gena Rowlands)Miss Green
ケルシィ・マルーニー (Kelsey Mulrooney)Jeanie
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック