マーシャル・ロー

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ニューヨークのブルックリンでアラブ系テロリストによりバスが爆破された。テロリズム対策部長でFBI所属のハブ(デンゼル・ワシントン)は犯罪者の検挙に必死になる。彼の前に現れた謎の美女、エリース(アネット・ベニング)はアラブ系アメリカ人社会にコネクションを持つCIA活動員だった。エリースの協力でFBIはテロ犯を撲滅。しかし、安心したのもつかの間、爆破テロが再び勃発。テロ犯の要求は急進イスラム派の教祖を釈放することだったが、教祖はアメリカ軍に捕らえられ軍部はそのことをFBIに隠していた。その一方でテロリストはFBI本部を爆破し、多数の死傷者が出る。大統領はついにニューヨークにマーシャル・ロー(戒厳令)を発令、ダヴロー将軍(ブルース・ウィリス)が指揮をとる。街角ではアラブ人が次々検挙され、ものものしい雰囲気で戦車が行きかっていた。民主主義を求める市民が人種を問わず立ち上がるが、エリースと関係のあるアラブ側の情報提供者、サミール(サミ・ボージラ)はデモを対象にテロ活動があると発言。ハブはエリースとともにテロリスト検挙の計画を練る。テロリストのアジトへ乗りこんだエリースと、それを追ってきたハブ。そこに待っていたのは意外な事実を前に、彼らは立ち向かうのだった。


解説

戒厳令が発令されたニューヨークで、国家とテロリストの対決を描くサスペンス大作。監督は「戦火の勇気」のエドワード・ズウィック。脚本はズウィックとローレンス・ライト、「リコシェ」のメノウ・メイエス。撮影は「クンドゥン」のロジャー・ディーキンズ。音楽は「交渉人」のグレアム・レヴェル。出演は「ボーン・コレクター」のデンゼル・ワシントン、「アメリカン・プレジデント」のアネット・ベニング、「シックス・センス」のブルース・ウィリスほか。


配給20世紀フォックス映画
制作国アメリカ (1998)
ジャンル 

2000年04月15日より



スタッフ

監督
脚本
原案
エクゼクティブ・プロデューサー
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
デンゼル・ワシントン (Denzel Washington)Anthony ‘Hub’ Hubbard
アネット・ベニング (Annette Bening)Elise Kraft
アネット・ベニング (Annette Bening)Sharon Bridger
ブルース・ウィリス (Bruce Willis)General William Devereaux
トニー・シャルーブ (Tony Shalhoub)Frank Haddad
サミー・ブワジラ (Sami Bouajila)Samir Nazhde
アーメッド・ベン・ラービー (Ahmed Ben Larby)Sheik Ahmed Bin Talal
モスレ・モハメド (Mosleh Mohamed)Muezzin
リナ・パイ (Lianna Pai)Tina Osu
マーク・ヴァレイ (Mark Valley)Mike Johanssen
ジャック・グウォルトニー (Jack Gwaltney)Fred Darius
デイヴィッド・プローヴァル (David Proval)Danny Sussman
ランス・レディック (Lance Reddick)Floyd Rose
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック