ラッシュアワー(1998)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ロス市在住の中国領事の娘が誘拐された。領事が香港からスペシャリストを呼び寄せたため、部外者に口出ししてほしくないFBIは、地元ロス市警察(LAPD)のカーター刑事(クリス・タッカー)に捜査協力を依頼。カーターはLAPDきってのトラブルメーカーで、上司たちの頭痛の種だった。カーターはFBI捜査官になれるチャンスと意気込むが、彼に与えられた仕事は香港から来る捜査官の“お守り”をし、捜査に介入させないようにすることだった。そのリー捜査官(ジャッキー・チェン)は無口な男で、カーターは彼を出し抜いて事件を解決しようとする。だが、リーは外見からは想像もつかない武術の達人で、誘拐された少女が彼の弟子で友達だったこともあり、救出に執念を燃やす。彼はカーターの魂胆を見抜き、捜査に加わる。犯人から身代金要求の電話が入り、FBIが逆探知で電話のあったビルに急襲するが、ビルは彼らの前で爆破された。リーは現場付近で、彼が香港で追っていた謎の人物ジュンタオ率いる国際的犯罪組織の幹部サンを発見するが、サンは逃亡。カーターはチャイナタウンの犯人一味のアジトを発見するが、乗り込んだリーとカーターのスタンドプレイで現場は大混乱。この失敗でリーは捜査から外され、香港へ送還されることに。失意のままLAを去ろうとする彼の前にカーターが現れ、LAPDの爆発物スペシャリスト、タニア(エリザベス・ペーニャ)の協力を仰いで敵地に乗り込む。ジュンタオの正体は領事の友人であるトーマス・グリフィン(トム・ウィルキンソン)だった。二人の活躍で犯人一味は逮捕され、少女は無事に救出された。


解説

口八丁なロス市警の刑事と腕の立つ香港警察の捜査官がコンビを組んで敵に立ち向かう、コミカルなポリス・アクション。スタンダップ・コメディアン出身のクリス・タッカー(「フィフス・エレメント」)の話術と、これがハリウッド映画への本格的進出の第1弾となるジャッキー・チェン(「ナイスガイ」)のアクションの共演が見どころ。監督はデビュー作である前作「ランナウェイ」でもタッカーと組んだブレット・ラトナー。「ファースト・コンタクト STAR TREK」のロス・ラマンナの原案を基に、彼と「張り込みプラス」のジム・コーフが脚本を執筆。製作は「6デイズ/7ナイツ」のロジャー・バーンバウムとラストマン・スタンディング」のアーサー・サルキシアン、「あなたが寝てる間に…」のジョナサン・グリックマン。撮影は「イレイザー」のアダム・グリーンバーグ、音楽は「燃えよドラゴン」のラロ・シフリン。美術のロブ・ウィルソン・キング、編集のマーク・ヘルフリッチ、衣裳のシャレン・デイヴィスは「ランナウェイ」に続いて参加。共演は「フリー・ウィリー2」のエリザベス・ペーニャ、「ゴースト&ダークネス」のトム・ウィルキンソン、「北京のふたり」のチー・マほか。


配給ギャガ・コミュニケーションズ=ヒューマックス・ピクチャーズ
制作国アメリカ (1998)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1999年01月23日より



スタッフ

監督
脚本
原案
エグゼクティブプロデューサー
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン
字幕
字幕監修

キャスト

俳優名役名
ジャッキー・チェン (Jackie Chan)Lee
クリス・タッカー (Chris Tucker)Carte
エリザベス・ペーニャ (Elizabeth Pena)Jonathan
トム・ウィルキンソン (Tom Wilkinson)GriffinJuntao
フィリップ・ベイカー・ホール (Philip Baker Hall)Captain Diel
マーク・ロルソン (Mark Rolson)Agent Russ
ツィ・マ (Tzi Ma)Consul Han
レックス・リン (Rex Linn)Agent Whitney
ケン・レウン (Ken leung)Sang
クリス・ペン (Chris Penn)Cilve
ジュリア・ヒフース (Julia Hsu)Soo Yung
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック