ギャングシティ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ドラッグ取引で小金を稼いでいた刑事コンビのディヴィンチ(ジェームズ・ベルーシ)とロドリゲス(トゥーパック・シャクール)は、ある日証拠隠滅のために射殺して始末した売人が実は麻薬取締局の潜入捜査官だと知り驚愕。ふたりは浮浪者のジョー(デニス・クエイド)を犯人にでっちあげるが、事件の捜査は進むばかり。ディヴィンチの恋人である踊り子シンシア(レラ・ローコン)、ジョーの弁護に立った敏腕弁護士ベイラー(ジェームズ・アール・ジョーンズ)、官選弁護人エリオット(デイヴィッド・ペイマー)、そしてディヴィンチの本妻で検事のヘレン(ウェンディ・クルーソン)らを巻込み、事態は複雑になっていく。悪徳をまっとうしようとするディヴィンチと我が身かわいさと正義感のはざまで苦しむロドリゲス。ふたりはお互いに疑心暗鬼に陥りながら、解決の道を探るのだった。


解説

麻薬捜査をめぐり錯綜する人間関係が織りなすクライム・サスペンス。監督・脚本は「計画性のない犯罪」(監督)「ラッシュアワー」(脚本)のジム・コーフ。製作はブラッド・クレヴォイとスティーヴ・ステイブラーのコンビとジョン・ベルトッリ。製作総指揮は「コン・エアー」のリン・ビクロー=カウフ。撮影はブライアン・J・レイノルズ。音楽はスコアを「ハート・オブ・ダークネス コッポラの黙示録」のミッキー・ハート、音楽監修は「メリーに首ったけ」ハッピー・ウォルターズが担当。美術は「ブレードランナー」のチャールズ・ブリーン。編集は「エクソシスト3」のトッド・ラムゼイ。衣裳は「刑事ジョン・ブック 目撃者」のシャリ・フェルドマン。出演は「リバース」のジェームズ・ベルーシ、ラッパーで本作が遺作となった「グリッドロック」のトゥーパック・シャクール、「ため息つかせて」のレラ・ローコン、「愛に迷った時」のデニス・クエイド、「輝きの大地」のジェームズ・アール・ジョーンズ、「レッサー・エヴィル」のデイヴィッド・ペイマーほか。


配給ギャガ・コミュニケーションズ
制作国アメリカ (1998)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1999年03月20日より



スタッフ

監督
脚本
エグゼクティブプロデューサー
製作
撮影
美術
音楽
音楽監修
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
ジェームズ・ベルーシ (James Belushi)Divinci
トゥーパック・シャクール (Tupac Shakur)Rodriguez
レラ・ローコン (Lela Rochon)Cynthia
デニス・クエイド (Dennis Quaid)William
ジェームズ・アール・ジョーンズ (James Earl Jones)Arthur Baylor
デイヴィッド・ペイマー (David Paymer)Elliot Goff
ウェンディ・クルーソン (Wendy Crewson)Helen Eden
ゲイリー・コール (Gary Cole)Richard Simms
ティー・シー・カーソン (T.C.Carson)Manny Landrew
ブラッド・グリーンクイスト (Brad Greenquist)Richard Stein
ジェームズ・ハンディ (James Handy)Captain Henderson
クール・モ・ディー (Kool Mo Dee)Lionel Hudd
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック