君を見つけた25時

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ワイ(トニー・レオン)は女の子をスターに育てることでは定評ある売れっ子のCMディレクター。だが、そんな彼女たちにいつも恋をしてしまい最後は捨てられるという繰り返し。同僚で悪友のパトリック(アレックス・フォン)は恋人ファニー(アイリーン・トン)がいながら女遊びを続け、ワイはその毒気にあてられるばかり。おまけに新しい上司のビビアン(エイダ・チョイ)はアメリカ帰りのバリバリのキャリアウーマンで、彼の気分はますます憂鬱。そんなある日、ワイはスタジオにまぎれこんできた美少女アーユー(ビビアン・スー)と出会い、薄幸な生い立ちながら前向きに生きる彼女に魅了される。ワイはアーユーをビビアンのプロジェクトである日本企業のイメージガールに起用した。ところが、いつもの悪い癖でアーユーに恋してしまうワイ。パトリックのお節介でワイは彼女のマネージャーまでつとめる羽目に。そんなパトリックも恋人のファニーにふられた後、彼に想いを寄せていた同僚のメイ(スーキ・クァン)と落ち着こうとしていた。いっぽう、アーユーは順調にスター街道を歩んでいたが、忙しくなるたびにふたりの距離は広がっていく。さらにレズビアンという噂のビビアンからワイは突然恋を告白され、ワイの混乱は深まる。ワイは揺れ動く気持ちを抱えながら、見通しがつかない恋路にはまりこんでいくのだった。


解説

売れっ子のCMディレクターと美少女の恋を描いたラヴ・ロマンス。監督・脚本は「ボクらはいつも恋してる!金枝玉葉2」のジェームズ・ユェン。製作は「欲望の街」シリーズ(4作)など香港のヒットメーカー、バリー・ウォン。撮影はチェン・マンポー。音楽はリンカーン・ロー。出演は「ブエノスアイレス」のトニー・レオン、台湾出身のアイドルで日本のヴァラエティ番組でもおなじみのビビアン・スー(「殺し屋と嘘つき娘」)、「ダウンタウン・シャドー」のアレックス・フォン、「チャイニーズ・オデッセイ」のエイダ・チョイ、「欲望の街」シリーズのラム・ソーンイーほか。


配給クロックワークス
制作国香港 (1998)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1999年05月22日より



スタッフ

監督
脚本
製作
音楽

キャスト

俳優名役名
トニー・レオン (Tony Leung)ワイ
ビビアン・スー (Vivian Hsu)アーユー
アレックス・フォン (Alex Fong)パトリック
エイ・ダチョイビビアン
スーキ・クァンメイ
ラム・ソーンイーサイモン
アイリーン・タンフォニー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック