ラウンダーズ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ニューヨーク。ロースクールの学生マイク(マット・デイモン)はポーカーの天才。学費もカードで稼ぐほどの腕だが、ある日、もぐりの賭場で鳴らす名手でロシアマフィアのテディKGB(ジョン・マルコヴィッチ)に差しの勝負を挑んで敗北、全財産の3万ドルを奪い取られてしまった。足を洗う決意をし、友人でポーカーのプロとしてよき指南役であるクニッシュ(ジョン・タートゥーロ)の紹介で配達のアルバイトに励んだが、そんな矢先、旧友のイカサマ師ワーム(エドワード・ノートン)が出所。ワームに引きずられるようにポーカーにまた手を出したマイクは、ついに同棲していた恋人のジョー(グレッチェン・モル)にも愛想をつかされ去られてしまった。さらに悪いことに、マイクは知らぬ間にワームの借金の保証人にされてしまっていた。借金の相手はなんとあのテディKGB。手下の高利貸グラマ(マイケル・リスポーリ)の目も光り、期限までに返済できなくては命も危ない。ワームと賭場を回って金を稼ぐマイクだが、警官相手のゲームでワームのいかさまがバレ、ふたりは袋だたきに。逃げようというワームの誘いを断り、マイクは一世一代の勝負に出ようと決心。理解者で恩師の担当教授のペトロフスキー(マーティン・ランドー)から元手を借り、テディKGBと再び差しの勝負に挑む。マイクはゲーム中にテディの癖を見破って彼をみごと打ち破り、大金を稼いだ。マイクは大学を辞めてポーカーに人生を賭ける決意をし、ジョーに再会して別れを告げ、ラス・ヴェガスで開催される世界選手権を目指して旅立つのだった。


解説

ポーカーに賭ける法学生の姿をサスペンスフルなタッチで描いたドラマ。監督は「レッド・ロック 裏切りの銃弾」「アンフォゲタブル」のジョン・ダール。脚本はデイヴィッド・レヴィーンとブライアン・コペルマン。製作は本作を製作したスパンキー・ピクチャーズの「ビューティフル・ガールズ」の監督テッド・デミとジョエル・スティラーマン。製作総指揮はボブとハーヴェイのワインスタイン兄弟、ボビー・コーエン、ケリー・オーレント。撮影は「ガンモ」のジャン=イヴ・エスコフィエ。音楽はスコアをクリストファー・ヤング、音楽監修を「ガンモ」のランダール・ポスター、アマンダ・シアー=デミが担当。美術はロブ・ピアソン。編集はスコット・チェスナット。衣裳はテリー・ドレスパック。出演は「レインメーカー」のマット・デイモン、「ラリー・フリント」のエドワード・ノートン、「仮面の男」のジョン・マルコヴィッチ、「死にたいほどの夜」のグレッチェン・モル、「天井桟敷のみだらな人々」(監督も)のジョン・タートゥーロ、「Xファイル ザ・ムービー」のマーティン・ランドー、「相続人」のファムケ・ヤンセン、「スネーク・アイズ」のマイケル・リスポーリ、現役ポーカー世界チャンピオンのジョニー・チャン(本人として)ほか。


配給松竹富士配給(松竹提供)
制作国アメリカ (1998)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1999年05月08日より



スタッフ

監督
脚本
エグゼクティブプロデューサー
製作
撮影
美術
音楽
音楽監修
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
マット・デイモン (Matt Damon)Mike McDermott
エドワード・ノートン (Edward Norton)Lester'Worm' Murphy
ジョン・タトゥーロ (John Turturro)Joey Knish
ファムケ・ヤンセン (Famke Janssen)Petra
グレッチェン・モル (Gretchen Mol)Jo
ジョン・マルコヴィッチ (John Malkovich)Teddy KGB
マーティン・ランドー (Martin Landau)Professor Petrovsky
マイケル・リスポリ (Michael Rispoli)Granma
ジョシュ・モステフ (Josh Mostef)Zagosh
ジョニー・チャン (Johnny Chan)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック