花火降る夏

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

香港。1997年3月。中国返還を目前に英国軍香港駐屯部隊が解散。元軍曹ガーイン(トニー・ホー)は、再就職の道もないまま、やくざ者の13歳年下の弟シュン(サム・リー)の手引きで黒社会の親分ウィンに会い、ようやく運転手の仕事にありついた。元部下4人組とつるむうち、冗談から銀行強盗の計画が持ち上がる。準備のため訓練を重ね、いざ決行の日、思わぬトラブルが。先に入った強盗と鉢合わせしたのだ。襲撃を手引きした部下のボビーは殺されたが、強盗のひとりはかねてシュンが探していたウィンの行方知れずになっていた娘ジェーン(ジョー・クーク)と分かった。ガーインは彼女が仲間と盗んだ700万ドルと引き換えに彼女を逃がすが、これで互いに面が割れた。ウィンの面子を潰したということで兄弟はリンチにあい、ジェーンも傷を負った。ガーインとジェーンはこれがきっかけで打ち解けていく。ガーインは組から足を洗おうとするが金の横取りを企むウィンは引き留める。ジェーンが母親と英国へ去った後の6月30日、返還式典の日。兄弟の家は家宅捜索され、身の危険を感じたシュンは金を持って逃走し、電話でガーインを誘うが、彼は仲間を裏切れないと断る。式典後、シュンも彼を見張っていた部下のジッパーの姿も消えた。盗んだ金は水の泡と消えたが、ガーインはボビーを殺したチンピラを探して、町をさまようのだった。


解説

返還当時の香港を舞台に、銀行強盗を決行した退役軍人の中年男の姿を描くドラマ。監督・脚本は「メイド・イン・ホンコン」のフルーツ・チャン。製作総指揮は人気歌手・俳優のアンディ・ラウ。撮影・音楽のラム・チューワン、編集のティン・サムファは「メイド・イン・ホンコン」に続く参加。出演は演劇界出身で本作が映画デビューとなるトニー・ホー、「メイド・イン・ホンコン」のサム・リーほか。


配給東光徳間配給(ユーロスペース=東光徳間提供)
制作国香港 (1998)
ジャンル 

2000年04月22日より



スタッフ

監督
脚本
エグゼクティブプロデューサー
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン

キャスト

俳優名役名
トニー・ホー (Tony Ho)ガーイン
サム・リー (Sam Lee)シュン
ジヨー・クーク (Jo Kuk)ジェーン
パン・イックワイ (Yik Wai Pang)パン
ライ・チーホー (Lai Chi-ho)ゲーリー
ラム・セッキン (Lam Sekkin)ボビー
リン・イウワー (Leung Yiu-wa)ジッパー
チャン・サン (Chan Sang)黒社会の親分ウィン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック