サマー・オブ・サム

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

1977年、夏。NY、ブルックリン。“サムの息子”連続殺人事件で町全体が震撼した頃。イタリア系コミュニティで暮らす色男ヴィニー(ジョン・レグイザモ)は美しい妻ディオーナ(ミラ・ソルヴィーノ)がいながら浮気癖がやまない。そんな矢先、妻の従妹と浮気した彼は偶然事件の現場に遭遇し、人生が狂い始める。そんな折り、親友のリッチー(エイドリアン・ブロディ)がロンドンから帰ってくる。折しも到来したパンクブームに感化された彼は髪をとがらせ、町でひとりだけ浮いた存在に。淫乱女と後ろ指を指されるルビー(ジェニファー・エスポジート)はそんな彼に接近、彼の唯一の理解者となった。だが、「サムの息子」の凶行はやまず、町では犯人捜しが過熱しきっていた。このため、町の顔役から命令を受けたヴィニーの友人連中は、ひとりだけ変わった格好をして、さらに小遣い稼ぎのため男性ストリップをしている“変態”のリッチーこそ犯人だと決めつけてしまう。リッチーをかばっていたヴィニーだが、折悪くディオーナが彼の浮気を知って去った。ヴィニーは仲間に脅されるまま、リッチーを外に連れ出し、彼はリンチを受けた。制止に入ったリッチーの義父は真犯人がつかまったというニュースを伝え、リッチーの命を救う。事件はNYの人々の記憶にいまだ残っている。


解説

1977年夏のNYで実際に起こった“サムの息子”連続殺人事件で人生を狂わせた人々の姿を描くドラマ。監督は「ラストゲーム」のスパイク・リー。脚本はリー、ニューヨーク演劇界で活躍する「セレブリティ」のヴィクター・コリッチオと「オフィスキラー」のマイケル・インペリオーリ。撮影は「I SHOT ANDY WARHOL」のエレン・クラークス。音楽は「ゲット・オン・ザ・バス」のテレンス・ブランチャード。出演は「ロミオ&ジュリエット」のジョン・レグイザモ、「シン・レッド・ライン」のエイドリアン・ブロディ、「ルル・オン・ザ・ブリッジ」のミラ・ソルヴィーノほか。


配給ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン
制作国アメリカ (1999)
ジャンル 

2000年04月15日より



スタッフ

監督
脚本
エグゼクティブプロデューサー
製作
撮影
美術
音楽
音楽監修
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
ジョン・レグイザモ (John Leguizamo)Vinny
エイドリアン・ブロディ (Adrien Brody)Ritchie
ミラ・ソルヴィーノ (Mira Sorvino)Dionna
ジェニファー・エスポジット (Jennifer Esposito)Ruby
アンソニー・ラパリア (Anthony LaPaglia)Detective Lou Petrocelli
ベベ・ニューワース (Bebe Neuwirth)Gloria
パティ・ル・ポン (Patti Lu Pone)Helen
ベン・ギャザラ (Ben Gazzara)Luigi
マイケル・バダルッコ (Michael Badalucco)Son of Sam
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック