ワンダー・ボーイズ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ペンシルヴェニア州の田舎町の大学。文学部教授のグレイディ(マイケル・ダグラス)はかつて文壇の寵児とうたわれた作家だが、7年前から書き始めた長編が2611ページに達しても完成せず、スランプ気味。そんなある日、3人目の妻エミリーが家出、さらに不倫相手の学長夫人サラ(フランシス・マクドーマンド)から妊娠を告げられた。折しも、毎年開催される作家たちの集い“ワード・フェスト”が開かれ、新作を催促する編集者テリー(ロバート・ダウニー・Jr.)が来訪するとあって、ますます気が重いグレイディ。おまけに、テリーとパーティに出かけた彼は教え子のジェームズ(トビー・マグァイア)が起こしたトラブルに巻き込まれた。ジェームズは持っていた銃でグレイディに襲いかかった学長の飼犬を殺し、ついでに学長のコレクションのM・Mのブラウスを盗んだのだ。犬の死体を車のトランクに積んで、妻の実家へ行ったりとフラフラするふたり。やがて、グレイディはジェームズがかつての自分のような神童作家であることを知る。グレイディの新作に出版界での再起を賭けていたテリーも、ジェームズの作品を見て太鼓判を押した。自らの書きかけの長大な原稿はひょんなことで紛失してしまったグレイディだが、神童の出現は彼に人生の転機をもたらした。かくして、グレイディは、ジェームズが起こした事件の始末をテリーに任せて、神童作家の文壇デビューを見守りながら、サラと新生活を始めるのだった。


解説

過去の栄光から抜け出せない中年作家が人生の再出発を図る姿をコミカルに描いたドラマ。監督は「L.A.コンフィデンシャル」のカーティス・ハンソン。原作はマイケル・シェイボンの同名小説(ハヤカワ文庫刊)。撮影は「インサイダー」のダンテ・スピノッティ。音楽は「ザ・ハリケーン」のクリストファー・ヤング。出演は「ダイヤルM」のマイケル・ダグラス、「相続人」のロバート・ダウニー・Jr.、「サイダーハウス・ルール」のトビー・マグァイア、「ファーゴ」のフランシス・マクドーマンドほか。


配給東宝東和配給(ミューチュアル・フィルム・カンパニー=丸紅=エムスリイエンタテインメント=東宝東和提供)
制作国アメリカ (1999)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

2000年09月02日より



スタッフ

監督
脚本
原作
エクゼクティブ・プロデューサー
製作
撮影
美術
音楽
音楽監修
編集
衣裳
字幕

キャスト

俳優名役名
マイケル・ダグラス (Michael Douglas)Grady Tripp
トビー・マグワイア (Tobey Maguire)James Leer
フランシス・マクドーマンド (Frances McDormand)Sara Gaskell
ロバート・ダウニー・Jr. (Robert Downey Jr.)Terry Crabtree
ケイティ・ホームズ (Katie Holmes)Hannah Green
リップ・トーン (Rip Torn)Q
リチャード・ノックス (Richard Knox)Vernon Hardapple
ジェーン・アダムス (Jane Adams)Oola
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック