コヨーテ・アグリー

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

NY。ソングライターになる夢を胸に、ニュージャージーから上京してきた21歳のヴァイオレット(パイパー・ペラーボ)。だがデモ・テープはことごとくボツ。所持金も底をつき、職を得るためにクラブ・バー“コヨーテ・アグリー”の扉を開けた彼女は、女性バーテンダーたちによる過激なダンス・パフォーマンスを目にする。そこは毎晩お祭り騒ぎだった。呆気にとられているヴァイオレットを、オーナーのリル(マリア・ベロ)がスカウト。失敗を繰り返しながらも、ヴァイオレットはだんだん客あしらいに慣れてくる。そんなある夜、彼女はひょんなことから店内で歌を熱唱した。“歌うコヨーテ”の誕生に湧きかえる客たち。新聞記者たちはそんなヴァイオレットをカメラにおさめるのだった。しかしその大胆な格好で男たちの熱い視線にさらされている写真が、ニュージャージーの父ビル(ジョン・グッドマン)の逆鱗に触れる。さらにある時、ヴァイオレットをめぐって、店の客と、彼女のボーイフレンドであるケヴィン(アダム・ガルシア)が喧嘩し、それが原因でヴァイオレットはクラブをクビになってしまう。久しぶりにギターを手に取り、再びデモ・テープを送りはじめる彼女。そのほとんどは返送されてきたが、今度は諦めたりはしなかった。そしてついに、一本の電話がヴァイオレットにチャンスを運んでくるのだった。


解説

ニューヨークの実在のクラブ“コヨーテ・アグリー”を舞台に、見果てぬ夢を追い掛ける女性たちの姿をエネルギッシュに描く作品。監督はこれがデビューのデイヴィッド・マクナリー。製作は「60セカンズ」のジェリー・ブラッカイマーほか。脚本は「ホーリー・ウェディング」のジーナ・ウェンドコス。出演はパイパー・ペラーボ、アダム・ガルシア、「ペイバック」のマリア・ベロ、「乙女の祈り」のメラニー・リンスキー、「ビッグ・リボウスキ」のジョン・グッドマン、「ハイヤー・ラーニング」のタイラ・バンクスほか。


配給ブエナ ビスタ インターナショナル
制作国アメリカ (2000)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

2000年12月09日より



スタッフ

監督
脚本
原案
製作総指揮
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣裳
字幕

キャスト

俳優名役名
パイパー・ペラーボ (Piper Perabo)Violet Sanford
アダム・ガルシア (Adam Garcia)Kevin O'Donnell
マリア・ベロ (Maria Bello)Lil
メラニー・リンスキー (Melanie Lynskey)Gloria
ジョン・グッドマン (John Goodman)Bill Sanford
タイラ・バンクス (Tyra Banks)Zoe
イザベラ・マイコ (Izabella Miko)Cammie
ブリジット・モイナハン (Bridget Moynahan)Rachel
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック