レンブラントへの贈り物

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

17世紀のアムステルダム。故郷レンデンから上京してきたレンブラント(クラウス・マリア・ブランダウアー)は、美術商のオイレンブルフ(フランク・ド・ラ・ペルソンヌ)の家に身を寄せながら絵を描き続け、時代の寵児となった。ある日、レンブラントはオイレンブルフから姪のサスキア(ヨハンナ・テール・ステーヘ)を紹介される。二人は恋に落ち、結婚。美しい妻の姿をキャンパスに焼き付けていくレンブラント。子宝には中々恵まれなかったが、ようやく長男も誕生。しかしサスキアは結核のために30歳の若さで死亡してしまい、レンブラントは絶望する。やがて、サスキア亡き後に息子を育ててくれていた乳母のヘルティエ(カロリーネ・ファン・ホウテン)が、レンブラントの愛人となった。だが家政婦のヘンドリッキエ(ロマーヌ・ボーランジェ)を雇い入れたことによりその均衡は崩れ、レンブラントはヘンドリッキエを事実上第二の妻とし、ヘルティエを解雇する。ヘンドリッキエは内縁の妻として、レンブラントの娘を出産。世間からの風当たりが強くなり、レンブラントの収入は激減、ついには破産に追い込まれる。しかしそれでもレンブラントは、古いキャンバスを引っ張り出し、愛するヘンドリッキエをモデルに絵を描き続けるのだった。


解説

オランダの天才画家レンブラントと、彼に愛された女性たちの物語。監督・台詞はこれが日本初公開作となるベテラン、シャルル・マトン。製作は「炎のアンダルシア」のアンベール・バルザン。脚本はシルヴィ・マトン。撮影はピエール・デュプエ。音楽はニコラ・マトン。美術は「アサシンズ」のフィリップ・シフル。衣裳は「仮面の男」のエーヴ=マリー・アルノー。出演は「コレット・水瓶座の女」のクラウス・マリア・ブランダウアー、「ヴィゴ」のロマーヌ・ボーランジェ、「リディキュール」のジャン・ロシュフォール、「不滅の恋/ベートーヴェン」のヨハンナ・テール・ステーヘ、「シューティング・スター」のジャン=フィリップ・エコフェ、「めぐり逢う朝」のカロリーヌ・シオル、「薔薇のスタビスキー」のジャック・スピセール、「ティコ・ムーン」のリシャール・ボーランジェほか。


配給アルシネテラン
制作国フランス ドイツ オランダ (1999)
ジャンル 

2000年12月16日より



スタッフ

監督
脚本
台詞
製作総指揮
製作
共同製作
撮影
美術
音楽
編集
衣裳
字幕

キャスト

俳優名役名
クラウス・マリア・ブランダウアー (Klaus Maria Brandauer)Rembrandt Van Rijn
ロマーヌ・ボーランジェ (Romane Bohringer)Hendrickje Stoffels
ジャン・ロシュフォール (Jean Rochefort)Nicolaes Tulp
ヨハンナ・テア・シュテーゲ (Johanna Ter Steege)Saskia Van Uylenburgh
ジャン=フィリップ・エコフェ (Jean-Philippe Ecoffey)Jan Six
カロリーネ・ファン・ホウテン (Caroline Van Houten)Geertje Direx
リシャール・ボーランジェ (Richard Bohringer)Le precheur
フランク・ド・ラ・ペルソンヌ (Franck De La Personne)Hendrick Van Uylenburgh
ジャック・スピセール (Jacques Spiesser)Joost Van Den Vondel
カロリーヌ・シホール (Caroline Sihol)Maria Tesselschade
フランソワ・ドゥレイヴ (Francois Delaive)Govaert Flinck
ベアトリス・アヴォワーヌ (Beatrice Avoine)Agatha
レオナルド・マットン (Leonard Matton)Titus Van Rijn
ジュール・マットン (Jules Matton)Titus(6/7ans)&Rembrandt(8ans)
リュディヴィーヌ・サニエ (Ludivine Sagnier)Cornelia Van Rijn
ジャン・オコトレル (Jean O'Cottrell)Le notaire de Rembrandt
エメリック・ドゥマリニー (Aymeric Demarigny)Carel Fabritius
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック