ヴェロニカ・ゲリン

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

1996年6月26日、アイルランド、ダブリン。麻薬犯罪の実態を追い続けていたある女性記者が凶弾に倒れた。だが、彼女の死は人々を目覚めさせ、社会に変革をもたらすこととなった――。1994年。サンデー・インディペンデント紙の記者ヴェロニカ・ゲリン(ケイト・ブランシェット)は、麻薬犯罪の実態を取材していた。ダブリンの裏組織に詳しいトレイナーや、友人でダブリン警察の刑事から情報を聞き出し、関係があると思われる人々をヴェロニカはつぶさに調べ、訪ね歩いた。危険人物にもひるまず取材し、ありのままを記事にする彼女の半ば強引な取材方法に、同僚や他紙の記者たちは眉をひそめ、ジャーナリストの集まるパブでジョークのネタにしていた。ヴェロニカの執拗な取材は、麻薬売買組織の首謀者ジョン・ギリガンへと迫る。トレイナーのボスでもあるギリガンは注目を浴びることを好まず、トレイナーにヴェロニカとの接触を控えるように警告する。そして、ヴェロニカに対しても警告が発せられた。自宅の窓ガラスに残された銃弾の跡。この警告はヴェロニカに恐怖を与えると同時に、彼女の追求が核心に迫っていることを意味していた。だが、銃弾はヴェロニカの信念を変えることはできなかった。メディアとアイルランドの世論を味方につけ、彼女は再び取材を開始するが……。


解説

命の危険に晒されながらも麻薬犯罪組織を追い詰めていったアイルランドの女性記者、ヴェロニカ・ゲリンの半生を描いた社会派ドラマ。監督は「フォーン・ブース」のジョエル・シューマカー。主演は「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのケイト・ブランシェット。


配給ブエナ ビスタ
制作国アメリカ (2003)
ジャンル 

2004年05月29日より



スタッフ

監督
脚本
原作
製作総指揮
製作
撮影
音楽
編集

キャスト

俳優名役名
ケイト・ブランシェット (Cate Blanchett)Veronica Guerin
ジェラルド・マクソーリー (Gerard McSorley)John Gilligan
キーラン・ハインズ (Ciaran Hinds)John Traynor
ブレンダ・フリッカー (Brenda Fricker)Bernie Guerin
バリー・バーンズ (Barry Barnes)Graham Turley
サイモン・オドリスコール (Simon O'Driscoll)Cathal Turley
コリン・ファレル (Colin Farrell)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック