PLANET OF THE APES/猿の惑星 一般

あの『猿の惑星』が、ティム・バートン監督によって全く新しい映画として生まれ変わる!!

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

2029年の近未来。宇宙へと開発の手を伸ばす人類は、その相棒としてチンパンジーを選んだ。宇宙ステーション・オベロン号にも訓練されたチンパンジーのパイロットが乗り込み、惑星間の偵察に目を光らせていた。ある日、宇宙空間に異常が認められオペロン号は調査に向かうが交信不通となってしまう。その事態を聞いた宇宙飛行士レオは単独で宇宙へ飛び出すが、彼もまた消息を絶った。そんな彼がたどり着いたのは、人間の言葉を話す猿がいる謎の惑星だった。


解説

1968年、フランクリン・J・シャフナー監督・チャールトン・ヘストン主演で作られた『猿の惑星』は世界中で大ヒットし、映画史に残る傑作SFとなった。そして21世紀を迎えたいま、その『猿の惑星』が全く新しい映画として甦ったのだ。


配給20世紀フォックス映画
制作国アメリカ (2001)
ジャンルSF/ファンタジー 
公式サイト公式サイトはこちら

2001年07月28日より日劇プラザほか全国東宝洋画系にて



スタッフ

監督
脚本
原作
製作総指揮
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣裳
字幕

キャスト

俳優名役名
マーク・ウォールバーグ (Mark Wahlberg)Captain Leo Davidson
ティム・ロス (Tim Roth)Thade
ヘレナ・ボナム=カーター (Helena Bonham-Carter)Ari
マイケル・クラーク・ダンカン (Michael Clarke Duncan)Attar
ポール・ジアマッティ (Paul Giamatti)Limbo
エステラ・ウォーレン (Estella Warren)Deana
ケリー・ヒロユキ・タガワ (Cary Hiroyuki Tagawa)Krull
デイヴィッド・ワーナー (David Warner)Sandar
クリス・クリストファーソン (Kris Kristofferson)Karubi
エリック・アヴァリ (Erick Avari)Tival
ルーク・エバール (Luke Eberl)Birn
エヴァン・デクスター・パーク (Evan Dexter Parke)Gunnar
グレン・シャディックス (Glenn Shadix)Senator Nado
リサ・マリー (Lisa Marie)Nova
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック