メトロポリス 一般

手塚治虫の伝説の原作が、人気アニメーター達によって華やかに誕生!

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ロボットと人間が共に暮らす未来社会。巨大都市国家・メトロポリスの影の支配者であるレッド公は、指名手配中のロートン博士に依頼し、死んでしまった愛娘ティマのロボットを造っていた。しかしそのことを知ったレッド公の養子であるロックは、愛を独り占めしたい一心で、嫉妬から研究所に火を付けてしまう。丁度、ロートン博士の行方を追って日本から屋ってきていた私立探偵のヒゲオヤジと、甥のケンイチは事件の調査を進める中、恐ろしい陰謀に巻き込まれていくのだった。


解説

手塚治虫の原作を、『AKIRA』の大友克洋が脚本、『幻魔大戦』のりんたろう監督で映画化。今のジャパニメーションという言葉を作り上げたトップ、アニメ監督による手塚治虫へのオマージュともいえる作品になっている。自ら楽になるためにロボットを作り出しておきながら、ロボットを邪魔だと考え憎む人間達の身勝手さ。そしてそれとは裏腹に、人間を憎んだりせず、自分達の使命をまっとうしようとするロボット達。この映画に登場するロボット達は皆、人間達を守ろうとし、やさしい心を持っている。近未来、自分の権力を振りかざし、しまいには自分を神だと思い込んでしまった人間の愚かさが生んだ恐ろしい結末は、現代社会に生きる私達への忠告ともとれる。ただし、よくあるストーリー、さらに手塚治虫のイメージを崩さないようにしようとしすぎたせいか、せっかく2人の素晴らしいアニメ監督が作っているにもかかわらず、2人の個性が生かされない無難な作品になってしまったように見てとれる。音楽もレイ・チャールズの曲などを使ったり、ディキシーランド・ジャズを使用し、レトロな雰囲気をかもし出している。


配給東宝
制作国日本 (2001)
ジャンルアニメーション ファミリー/キッズ SF/ファンタジー
公式サイト公式サイトはこちら

2001年05月26日よりニュー東宝シネマほか全国東宝洋画系にて



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
プロデューサー
キャラクター・デザイン
キャラクター・メカニック
総作画監督
作画監督
作画監督補佐
撮影監督
撮影
美術監督
音楽
音楽プロデューサー
主題歌
音響監督
録音
効果
制作担当
助監督
CGアートディレクター
特殊効果
CGテクニカルディレクター
キャラクター色彩設計
色指定
コンポジット・ディレクター
出演(声)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック