キプールの記憶 一般

イスラエルの巨匠が実体験を基に描く力作。負傷兵を運ぶ救助部隊が見た戦争の悪夢

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

1973年10月6日、ユダヤ教の贖罪の日“キム・ヨプール”。静粛に包まれていたイスラエルに、シリア・エジプト両軍が侵攻し第4次中東戦争が勃発。新兵のワインローブ(リオン・レヴォ)とルソ(トメル・ルソ)は、急きょ、空軍の救助部隊に入隊する。負傷兵をヘリコプターに乗せ、激戦地と病院を往復する毎日。悪夢を目の当たりにし、絶望感は日に日に増していく。そんなある日、彼らのヘリコプターが襲撃される。


解説

イスラエルを代表する社会派監督アモス・ギタイの日本初公開作品。彼が23歳のときに経験した実話を基に描く戦争ドラマだ。主人公は、第4次中東戦争で負傷兵を運ぶヘリコプターの救助部隊。激しい戦闘シーンなどは一切なく、敵の兵士も出てこない。部隊が到着する所は、異様な静けさに包まれた激戦の傷跡。


配給アルシネテラン
制作国イスラエル=フランス=イタリア (2000)
ジャンル戦争 ドラマ
公式サイト公式サイトはこちら

2001年12月22日よりシャンテ シネにて



スタッフ

監督
脚本
エグゼクティブプロデューサー
撮影

キャスト

俳優名役名
Liron Levo (Liron Levo)リオン・レヴォ
Tomer Russo (Tomer Russo)トメル・ルソ
Uri Ran-Klausner (Uri Ran-Klausner)ウリ・ラン・クラズネル
Yoram Hattab (Yoram Hattab)ヨラム・ハタブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック