KOROSHI 殺し 一般

リストラ・サラリーマンが選んだ第二の人生−それは“殺し屋”だった…。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

“ピンク四天王”のひとりサトウトシキの監督作品の脚本担当者として知られる小林政広。近年は自ら監督としても活動中だが、これは先頃公開された成人映画の傑作「一週間〜愛欲日記〜」に続く監督第3作。リストラされた中年男が“殺し屋”としてスカウトされる。戸惑いながらも金のために引き受けた男はやがて“労働意欲”を超えた“喜び”を見出していく。


解説

雪の北海道で撮影されたシンボリックな舞台設定、奇妙なおかしみに満ちた導入から始まる映画は、やがて人間の内面に宿る“普遍”にそっと寄り添い、余韻漂う結末を用意する。北野武の監督第9作『BROTHER』でも印象深い演技を披露している石橋凌が、元サラリーマンの胸に降り積もる切々とした思いを絶妙に体現。スカウトマン役の緒形拳も、軽妙な存在感で作品にふくらみを与えている。


配給ミュージアム
制作国日本 (2000)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
製作
プロデューサー
撮影監督
録音
音響効果
照明
編集
スタイリスト
ポストプロダクションプロデューサー
アシスタントプロデューサー
助監督

キャスト

俳優名役名
石橋凌 (Ryo Ishibashi)浜崎祐司
大塚寧々 (Otsuka Nene)浜崎和子
緒形拳 (Ken Ogata)市原
深水三章 (Sansho Shinsui)下條郁夫
光石研 (Ken Mitsuishi)小松公雄
山本隆司長谷川靖
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック