ひとりね 一般

元祖マドンナの榊原るみが、イメージを一掃して大胆に演じる女の孤独と悲しみのサガの物語

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

織江(榊原るみ)は40代も半ばにさしかかる中年女性。ある日「ただいま」の声で玄関に出ると、ひとりの男が「間違えました」と去っていく。翌日も男は現れ、いぶかる夫の視線のなか、織江は男を想い描く。男は織江の中に潜んでいた欲望を目覚めさせた。ある日、夫の出張中に織江はひとり街へ出て、ギターを持った男に抱かれる。玄関先の男は現れず、ギターの男を求めて街へ繰り出す織江。しかし、出張から帰った夫が突然倒れ、織江は幻のような現実に突きつけられていく。


解説

お嫁さんにしたい女優として、長年のさわやかイメージで活躍してきた榊原るみ。そんな彼女がフレッシュさとは全く異色の、ダークで生々しい中年女性の赤裸々なサガを体当たりで演じる。暗いイメージとは無縁のマドンナが演じるだけに、感情の痛々しさや悲しさが余計に突き刺すような効果を出している。不意に現れてはいなくなる男の存在が想像力をかきたて、自分のなかの隠れた欲望にとりつかれていく織江の、悶々とした表情がエロティックな色艶を添える。


配給アルゴ・ピクチャーズ
制作国日本 (2001)
ジャンルドラマ 

2002年03月16日より東京都写真美術館ほかにて



スタッフ

監督
脚本
原作
製作総指揮
プロデューサー
撮影監督
音楽
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック