理想の結婚 一般

オスカー・ワイルドの名作戯曲を新鋭オリバー・パーカー監督が映画化。辛辣にしてウィットに富んだ台詞がちりばめられた人間喜劇である

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

19世紀末のロンドン。アーサー卿は華やかな社交会で気楽なひとり暮らしを満喫中。親友ロバートの妹メイベルとの結婚もその気はあるのだが、なかなか踏ん切りがつかないでいる。そんな彼が、ロバートの窮地を救うため一肌脱ぐことになったことから、思いがけない策謀に巻き込まれる。


解説

アーサー卿を演じるのは『ベスト・フレンズ・ウェディング』でジュリア・ロバーツのゲイの親友を快演しているルパート・エバレット。その彼を、ケイト・ブランシェット、ミニー・ドライバー、ジュリアン・ムーアという演技派女優たちが振り回す。なかでも、災いのタネをまき散らす貴婦人を妖しく魅力的に演じたジュリアン・ムーアの存在感が圧倒的である。


配給-
制作国イギリス (1999)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
エグゼクティブプロデューサー
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
ケイト・ブランシェット (Cate Blanchett)Lady Gertrude Chiltern
ミニ・ドライヴァー (Minnie Driver)Mabel Chiltern
ルパート・エヴェレット (Rupert Everett)Lord Arthur Goring
ジュリアン・ムーア (Julianne Moore)Mrs. Laura Cheveley
ジェレミー・ノーザム (Jeremy Northam)Sir Robert Chiltern
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック