パッション 一般

活人画の息をのむ美と、人間の愛への欲求に託し、激しく表現されたゴダールの情熱

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ポーランド人監督のジェルジー(イエジー・ラジヴィウォヴィチ)は、人間を名画そのままに演出する「活人画」作品『パッション』を撮影しているが、納得のいく光と物語が得られない。すでに予算は底をついている。ジェルジーを慕うイザベル(イザベル・ユペール)は工場の仕事をクビになる。ジェルジーが工場長の妻・ハンナ(ハンナ・シグラ)を主役に決めたため、イザベルは嫉妬する。撮影は一向に進まず、ついにジェルジーはあきらめ、ポーランドへ戻ることにする。


解説

映画のはじまり、レンブラントの名画「夜警」を生きた人間たちが全く同じ構図で再現する。薄暗がりの仄かな光に浮かぶ人間の曲線、肌や目、髪の毛の色、まとう衣装の滑らかさといい、美の表現が鮮やかに浮かび上がり、ゴヤやドラクロワ、グレコら巨匠の芸術がそのまま甦るような、光と影の絵画映画だ。その完全なる美しさとともに、物語は「活人画」を撮影する監督ジェルジーの映画作りを追っていく。


配給ザジフィルムズ
制作国スイス=フランス (1982)
ジャンルラブ・ストーリー 

2002年07月27日よりシネ・アミューズにてレイトショー



スタッフ

監督
撮影
美術
音楽
編集
ビデオ
字幕

キャスト

俳優名役名
イザベル・ユペール (Isabelle Huppert)Isabelle
ハンナ・シグラ (Hanna Schygulla)Hanna
ミシェル・ピッコリ (Michel Piccoli)Michel
イェジー・ラジヴィオヴィッチ (Jerzy Radziwilowicz)Jerzy
ラズロ・サボ (Laszlo Szabo)Lazlo
ジャン・フランソワ・ステヴナン (Jean Francois Stevenin)The Engineer
ソフィー・ルカシェフスキー (Sophie Loucachevsky)Sophie
マガリ・カンポ (Magali Campos)Magali
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック