竜馬の妻とその夫と愛人 一般

市川準×三谷幸喜+坂本竜馬=ワハハと笑えてジワリと泣ける、大人の維新ラブ・コメディ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

明治13年。幕末の動乱で暗殺された坂本竜馬の13回忌を前に、新政府の役人となった竜馬の友人・菅野覚兵衛(中井貴一)は竜馬の妻・おりょう(鈴木京香)を訪ねた。おりょうは再婚しテキ屋の夫・西村松兵衛(木梨憲武)と貧乏暮らしをしている。英雄の妻の身の上を案じていた覚兵衛だが、驚いたことに、おりょうは竜馬そっくりの虎蔵(江口洋介)を愛人にして昼間から酔いつぶれる有様。竜馬の名誉を守るため、覚兵衛はおりょうと松兵衛をもとのサヤへ戻すよう企てるが…。


解説

死後100年余りを経ても、幕末のヒーロー・坂本竜馬は男性諸君の憧れ。そしてこの作品は、竜馬が残したもうひとつのロマンをユーモアたっぷりに描くラブ・コメディだ。頭が悪くて情けないダメ夫でも、一心に妻を愛す松兵衛。思慮は深いが竜馬への情熱が時々からまわりする覚兵衛。そして、竜馬に憧れ容姿から言葉遣いまですべてを似せた、竜馬フリークの虎蔵。


配給東宝
制作国日本 (2002)
ジャンルドラマ コメディ
公式サイト公式サイトはこちら

2002年09月14日よりシャンテ・シネほか全国東宝洋画系にて



スタッフ

監督
脚色
原作
製作総指揮
企画
製作
プロデューサー
撮影
美術
音楽
音楽プロデューサー
録音
音響効果
照明
編集
衣裳
スタイリスト
アソシエイト・プロデューサー
助監督
スクリプター
スチール
ビジュアルエフェクト

キャスト

俳優名役名
木梨憲武西村松兵衛
中井貴一 (Kiichi Nakai)菅野覚兵衛
鈴木京香 (Suzuki Kyoka)おりょう
江口洋介 (Yosuke Eguchi)虎蔵
橋爪功 (Isao Hashizume)勝海舟
トータス松本坂本竜馬
小林聡美 (Kobayashi Satomi)きみえ
梅津栄椿屋の店主
嶋田久作 (Kyusaku Shimada)谷千城
鮎川浩お爺さん
森康子腰の悪いおばあさん
康すおん佐々木高行
安部聡子若い母
岩田丸隣の夫
荒川良々 (Yoshiyoshi Arakawa)按摩
北川智子椿屋の女給
西川方啓椿屋の使用人
玄覚悠子
東山麻美
鈴木雄一郎チンピラ
堀田大陸チンピラ
川井勉史警官
野口雅弘警官
多田亮三吉井友実
平田逸郎画家
小川幸子隣の妻
綱雅代腰の悪いおばあさんの娘
高尾優一お爺さんの息子
ギリヤーク尼ヶ崎椿屋の客
椿屋の客
Sakito椿屋の客
荒賀裕一椿屋の客
古谷泰時托鉢
高尾登辻音楽師
安念貞雄辻音楽師
多田精孝辻音楽師
山田宝松辻音楽師
村田恭子辻音楽師
吉井盛悟辻音楽師
木村慶基若い母の息子
貝本敏弥酔客
富所茉耶生地屋の姉
富所雅人生地屋の弟
木口隆平縁日の子供
浅川礼奈縁日の子供
大和田篤司縁日の子供
荒雄大縁日の子供
篠原健太縁日の子供
前田輝縁日の子供
堀田良太きみえの子供
茅場紗代きみえの子供
板倉来衣人きみえの子供
谷崎嘉子芸者
三谷幸喜 (Koki Mitani)長屋の住人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック