運命の女 一般

幸せな夫婦に芽生えた心の迷いが、運命を変える。E・ライン監督が描く「情事」の行方

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ニューヨーク郊外で暮らすエドワード(リチャード・ギア)とコニー(ダイアン・レイン)は結婚11年目。ある風の強い日、9歳になる息子・チャーリーの誕生日プレゼントを買いに街へでたコニーは、本の売買をする青年・ポール(オリヴィエ・マルティネス)にぶつかり転倒する。膝をすりむいたコニーはポールの部屋へ招かれるが、誘惑的な眼差しに動揺し急ぎ部屋を出た。しかし、コニーの心に生まれた情熱は、引き返せない情事へと発展していく。エドワードは、そんな妻の変化に疑問を抱き始める。


解説

『危険な情事』で、嫉妬がストーキングに変わる恐怖を描いたエイドリアン・ライン監督。あのスリルを再び? と思うかもしれないが、この新作はスリルより丹念な心理描写で見せる夫婦のストーリーだ。満ち足りているが刺激のない毎日を送る主婦の、後へ引けない情熱に身を任せていく心理を演じるのはダイアン・レイン。そして、家庭を愛し妻を愛し、犯した罪に苦悩する夫にリチャード・ギア。2人とも、静かな表情のなかに激情を抱えている。


配給20世紀フォックス映画
制作国アメリカ (2002)
ジャンルスリラー/サスペンス 
公式サイト公式サイトはこちら

2003年01月11日より日比谷映画ほか全国東宝洋画系にて



スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
リチャード・ギア (Richard Gere)Edward Sumner
ダイアン・レイン (Diane Lane)Connie Sumner
オリヴィエ・マルティネス (Olivier Martinez)Paul Martel
エリック・ペア・サリヴァン (Eric Per Sullivan)Charlie Sumner
チャド・ロウ (Chad Lowe)Bill Stone
ドミニク・チアニーズ (Dominic Chianese)Frank Wilson
ケイト・バートン (Kate Burton)Tracey
マーガレット・コリン (Margaret Colin)Sally
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック