恋人のいる時間 一般

恋人や夫と過ごす時間を、様々な言葉で彩る主婦を素描した、ゴダールの長編第8作

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ある日の午後。シャルロット(マーシャ・メリル)は、愛人であるロベール(ベルナール・ノエル)のアパートでベッドに横たわっている。2人は愛について語り、翌日映画館で会う約束をして別れた。シャルロットは幼い息子を迎えに行き、そのまま空港へ向かう。夫のピエール(フィリップ・ルノワ)が帰ってくるのだ。ピエールを迎え部屋に戻った2人は、シャルロットの浮気について口論する。翌日、医師に妊娠を告げられるシャルロット。空港のホテルでロベールに会い、愛と言葉を交わすのだった…。


解説

真っ白なシーツにのびる腕に、ゆっくりと寄り添ってくる別の腕。モノクロ映像ながら、ハッとするような色艶のある冒頭シーンに、思わず目を奪われる。ゴダールの長編8作目となる本作は、愛人を持つ主婦・シャルロットの日々を描きながら、人間関係や人生そのものを描写していく映画だ。夫や愛人と何気なく語る言葉のすべてが、歌のように流れ出て頭脳を刺激する。


配給ザジフィルムズ
制作国フランス (1964)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2002年10月26日よりシネセゾン渋谷にてレイトショー



スタッフ

監督
脚本
撮影

キャスト

俳優名役名
マーシャ・メリル (Macha Meril)Charlotte
ベルナール・ノエル (Bernard Noel)The Lover
フィリップ・ルロワ (Philippe Leroy)Husband
ロジェ・レーナール (Rogar Leenhardt)Leenharbt
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック