夜を賭けて 一般

ガムシャラに生きる人間たちを描く、痛快サバイバル活劇!

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

1958年、大阪。かつて兵器工場だった広大な敷地は、戦時中に空襲に遭い、今は廃墟と化していた。そこは立ち入り禁止になっていたが、そんなのおかまいなしに鉄を掘り出し売る連中がいた。義夫をはじめとする“アパッチ”と呼ばれる彼らは川沿いに集落を構えて貧しい生活をしており、大金に換わる鉄は彼らにとっては重要な生活資金だったのだ。だが残骸とはいえ兵器の鉄は国有財産であるため、彼らは警察の目を盗み、夜の闇に紛れて作業していた。ますます強固になる警察の警備の間を縫い、今日も義夫たちは体を張って生きてゆく。


解説

映画化は不可能と言われていた梁石日のスケールの大きな同名のピカレスク小説がついに映画化された。映画化に臨んだのは劇団・新宿梁山泊の座長も務める金守珍。主人公・義夫らが暮らすバラック小屋の集落は、韓国でオープンセットが組まれ、キャストたちは3、4ヶ月にわたり韓国で合宿生活をしたとのこと。エネルギッシュに生き抜く義夫を演じるのは自身もエネルギッシュに活動している山本太郎。熱い男をハイテンションで演じきった。


配給シネカノン
制作国日本=韓国 (2002)
ジャンルアクション ドラマ
公式サイト公式サイトはこちら

2002年11月30日よりシネ・アミューズ、新宿武蔵野館にて



スタッフ

監督
脚本
原作
製作
プロデューサー
撮影
音楽
照明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック