ヘヴン 一般

巨匠キェシロフスキの魂をトム・ティクヴァが見事映画化! 至高のラブストーリー

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

イタリアで英語の教師をしているフィリッパ。この日、彼女はただならぬ決意をして高層ビルの最上階を目指して歩いていた。夫や教え子を麻薬の道に引き込み、死へと至らしめた悪魔のような男と決着をつけるために。彼女はその男のオフィスに爆弾を仕掛け、数分後に、ビルは爆破。この計画は万全かと思われたが、彼女は逮捕される。取り調べの中で彼女は目的の男ではなく、無関係の親子4人を殺したことを知る。あまりのショックで失神するフィリッパ。そんな彼女を介抱し、救いの手を差し伸べたのはフィリッポだった…。


解説

『ふたりのベロニカ』『トリコロール』シリーズ、『デカローグ』シリーズなどで、たくさんのファンを魅了し、あのキューブリック監督さえも“最も好きな監督”と言っていたクシシュトフ・キェシロフスキ監督が亡くなったのは1996年のこと。その監督の遺稿を「まるで自分の脚本のように感じた」というトム・ティクヴァが映画化。主演のケイト・ブランシェットは、ここでも確かな演技力と透明感のある美しさで“宿命の女”フィリッパを演じきる。


配給アスミック・エース エンタテインメント
制作国アメリカ=ドイツ=イギリス=フランス (2001)
ジャンルラブ・ストーリー 
公式サイト公式サイトはこちら

2003年03月08日よりシャンテ・シネ、新宿文化シネマ4ほか全国にて



スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
ケイト・ブランシェット (Cate Blanchett)Philippa
ジョヴァンニ・リビシ (Giovanni Ribisi)Fhilippo
レモ・ジローネ (Remo Girone)Fhilippo's Father
ステファニア・ロッカ (Stefania Rocca)Regina
アレッサンドロ・スペルドゥーティ (Alessandro Sperduti)Ariel
マッティア・スブラジア (Mattia Sbragia)Major Pini
ステファノ・サントスパーゴ (Stefano Santospago)Mr. Vendice
アルベルト・ディ・スタシオ (Alberto Di Stasio)The Prosecutor
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック