人斬り銀次 一般

戦後50年。伝説の男がスクリーンに甦り、日本社会に鋭く斬りつけた問題作

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

第二次大戦の頃、ひとりの特攻部隊員が出撃寸前に終戦を迎える。曾根崎銀次(竹内力)は、胸に宿る炎を噴出するかのように、たったひとりで愚連隊を切り倒した。50年後、79歳になった銀次(夏八木勲)は突然釈放される。ホームレスとなった銀次は、そこで出会った若い朝鮮人の朴と親しくなっていく。その頃、日本の政界では、銀次を取り巻く黒い思惑が動き始めていた。影の内閣として実力を握る黒田は、銀次が真相を握る、過去のある事件を抹殺することを企んでいた。


解説

己の情熱ゆえに傷つき、暗い過去を背負った男、銀次の生き様を描いた、血気とロマンに溢れた作品。過去と現代を交差しながら、戦後の日本にしみこんだ腐敗と事なかれ主義に、鮮やかに切り込んでいく。銀次を演じるのは、竹内力と夏八木勲。Vシネのスター、竹内は、若き日の銀次が持つ勢いと一本気をパワフルに表現し、老人となった銀次を演じる夏八木は、賢さと潔さを滲み出している。


配給日活
制作国日本 (2003)
ジャンル任侠/時代劇 

2003年04月12日より新宿東映パラス3ほかにて



スタッフ

監督
脚本
脚本協力
原案
製作代表
企画プロデュース
企画
プロデューサー
撮影
音楽
照明
製作プロダクション
スタント・コーディネーター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック