宮本武蔵 決闘巌流島 一般

三船版「宮本武蔵」シリーズ3作目

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

旅僧日観から将軍家師範柳生但馬守に仕官するように勧められ、城太郎を伴って江戸へ出た武蔵は馬喰町の旅篭で、来る日も来る日も観音像を彫っていた。その頃、小次郎も細川候へ仕官のため、これも江戸に来ていた。お目見得の御前試合で、心ならずも相手を不具にした小次郎を慰めたのは家老岩間角兵衛の娘お光であった。ある日、武蔵と出逢った小次郎は対決を迫り、明日の再会を約して別れるが、翌日、果し合いの場所に城太郎が手紙を持って来た。試合を一年後に延期してくれというのだった…。


解説

吉川英治の原作を北条秀司が劇化、それを『忘れじの人』の若尾徳平と『旅路』('55)の稲垣浩が・共同脚色し、同じく稲垣浩が監督、『初恋三人息子』の山田一夫が撮影を担当した。主なる出演者は『応仁絵巻 吉野の盗賊』の鶴田浩二、志村喬、『生きものの記録』の三船敏郎、『青い果実』の岡田茉莉子、『俺は藤吉郎』の嵯峨三智子、『三四郎』の八千草薫など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1956)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
劇化
脚色
原作
製作
撮影
美術監督
美術
音楽
録音
照明
編集
衣裳
製作担当者
助監督
記録

キャスト

俳優名役名
鶴田浩二 (Koji Tsuruta)佐々木小次郎
岡田茉莉子 (Mariko Okada)朱美
三船敏郎 (Toshiro Mifune)宮本武蔵
桜井将紀城太郎
上田吉二郎阿巌法師
高堂国典 (Kuninori Kodo)日観
八千草薫 (Yachigusa Kaoru)お通
岡豊細川忠利
志村喬長岡佐渡
佐々木孝丸岩間角兵衛
音羽久米子角兵衛の妻
瑳峨三智子娘お光
清川荘司岡谷五郎次
沢村い紀雄宿の亭主
葉山富之輔小幡勘兵衛
田中春男秩父の熊五郎
山田巳之助村の老爺源造
本間文子 (Noriko Honma)村の老婆おせき
出雲八重子角屋のヤリ手お直
勝本圭一郎角屋の亭主甚内
登山晴子居酒屋の女房
富田仲次郎辻風黄平
加東大介祇園藤次
沢村宗之助小林太郎左衛門
千秋実船頭佐助
杉本昭小姓辰之助
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック