偶然にも最悪な少年 PG-12

CM界の鬼才兄弟が描く、ハチャメチャでピュアな少年たちのロード・ムービー

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

17才のヒデノリ(市原隼人)は、幼い頃からいじめられっ子の韓国人。この日、万引きの現場を押さえられていた真っ最中、タローに出会い、仲良くなる。18歳の由美は、厭世的で強迫性障害持ち。ヒデノリとタローとは、ボウリング場で出会うが、印象は最悪。ある日、ヒデノリの姉・ナナコが手首を切って自殺した。「姉ちゃんに韓国を見せてやりたい」。早速ヒデノリは、偶然再会した由美と、運転手役のタローを巻き込み、ナナコの死体を連れて博多へと向かうことにするが…。


解説

どっから見ても頼りなくて、どう考えても非常識な、行き当たりばったりの長距離ドライブ。乗車しているのは、地に足の着かない3人の若者と魂の抜けた一体の死体。とんでもなく奇抜で突飛なストーリーが、優しく、テンポよく進んでいく映画、『偶然にも最悪な少年』。監督は、CM界で強烈な才能を発揮してきたグ・スーヨン。脚本は、コピーライターとして世間を惹きつけてきた、スーヨン監督の実弟、具光然。2人のコンビネーションが見事に調和して、繊細ながらもパンチの効いたコミカルなドラマが出来上がった。


配給東映
制作国日本 (2003)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2003年09月13日より丸の内東映ほか全国東映系にて



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
企画
プロデューサー
プロデューサー(オープニング映像)
制作
撮影
美術
美術(オープニング映像)
装飾
音楽プロデュース
主題歌
録音
音声(オープニング映像)
サウンドエフェクト
照明
編集
スタイリスト
製作担当
助監督
スクリプター
スチール
CG

キャスト

俳優名役名
市原隼人 (Hayato Ichihara)カネシロヒデノリ
中島美嘉佐々木由美
池内博之 (Hiroyuki Ikeuchi)タロー
矢沢心カネシロナナコ
蒼井優 (Aoi Yu)原田の彼女
柄本佑 (Tasuku Emoto)原田
岡田義徳 (Yoshinori Okada)佐々木
余貴美子 (Kimiko Yo)キムハツコ
柄本明 (Akira Emoto)カネシロシゲハル
大滝秀治 (Hideji Otaki)質屋のおじさん
高橋克典 (Katsunori Takahashi)大柄な男
風吹ジュン (Fubuki Jun)精神科の女医
袴田吉彦 (Yoshihiko Hakamada)レコード屋の店員
佐藤江梨子 (Sato Eriko)赤いミニスカートの女
前田愛 (Maeda Ai)女子大生
加藤あい (Kato Ai)ナナコの親友
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)アクセサリー売りのオジサン
ともさかりえ (Tomosaka Rie)アベックの女
塚本高史アベックの男
永瀬正敏 (Masatoshi Nagase)槍田一男
永井大 (Masaru Nagai)難波栄一
甲本雅裕 (Masahiro Komoto)警官
野添義弘警官
中村ゆりかおり
あじゃまゆみ
高木麻依子なおこ
佐伯公誠川村
閔東旭 (Min Dongwook)木島
加藤啓車椅子の男
古澤弘年大学生
佐藤雅子スーパーのおばさん
西埜幸ヒデノリのおばさん
三上真史朝鮮高校生
辻本祐樹朝鮮高校生
ケイスケ朝鮮高校生
松山ケンイチ (Kenichi Matsuyama)朝鮮高校生
碧木菜々 (Nana Aoki)佐々木の連れの女
小澤栄里 (Eri Ozawa)佐々木の連れの女
鎗田彩野女子高生
近藤舞 (Mai Kondo)女子高生
池永亜美女子高生
國武則行 (Noriyuki Kunitake)若いサラリーマン
飯野剛若いサラリーマン
栗栖功明若いサラリーマン
荒木民雄ホテルマン
上村祐翔幼少時代のヒデノリ
山口このみ中学時代のナナコ
ささの貴斗ちいさな子供
朝比奈慶 (Kei Asahina)グッチの店員
山崎ゾルゲミッシェル染伍牢
時任歩
佐々木ユメカ
広瀬剛進
丸田りつ子
鈴木サチ
行方一弘
中森正吾
竹井亮介
むかい誠一
藤崎世璃子
川原キヨカ
滝沢沙織 (Takizawa Saori)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック