風雲児 織田信長 一般

中村錦之助の織田信長は、まさにハマリ役

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

父信秀が没したのは、信長が16歳の時である。万松寺で行われた葬礼で、信長は荒縄を腰に巻いた異形の姿で現れ、抹香を父の位牌に投げつけた。妻の濃姫は彼の陽やけした頬に光る涙を見た。狂人とののしられながら、自己の信念に生きる信長も、人の子だったのか。世は戦国、群雄割拠の時代である。濃姫の実父・美濃国稲葉城主斎藤道三は、信長の尾張国を狙うものの1人だった。使が信長との会見を申入れてきた。信長は少しも関心を示さず、武術のケイコに励んでいた。「尾張の大うつけ」が定評となった。それが、信長のつけ目だった。その奇行は家臣までもあざむいた。


解説

山岡荘八の原作を『百万両五十三次』の結束信二が脚色し『いろは若衆 花駕篭峠』の河野寿一が監督した、織田信長の半生を描いた娯楽時代劇。撮影は『浪花の恋の物語』の坪井誠。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1959)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
萬屋錦之介 (Kinnosuke Yorozuya)織田信長
香川京子 (Kagawa Kyoko)濃姫
月形龍之介平手政秀
織田政雄森三左衛門
沢村宗之助林佐渡守
阿部九洲男柴田権六
中村歌昇佐久間信盛
楠本健二山口左馬頭
里見浩太朗 (Kotaro Satomi)丹羽万千代
尾上鯉之助長谷川橋介
片岡栄二郎 (Eijiro Kataoka)毛利新助
遠山恭二岩室長門
徳大寺伸池田勝三郎
藤木錦之助愛智小十郎
中村嘉葎雄 (Katsuo Nakamura)木下藤吉郎
大月正太郎賀藤弥四郎
進藤英太郎斎藤道三
有馬宏治村松与左衛門
風見章子各務野
三井京子深雪
月笛好子八重
村松築技杉乃
高松錦之助丹羽万五郎
小田部通麿五味新蔵
尾上華丈 (Kajyo Onoe)老僧
戸上城太郎蜂須賀小六
五味勝之介川井重介
長嶋隆一後藤田勘左衛門
柳永二郎今川義元
加賀邦男三浦備後守
中村幸吉三門次
尾形伸之介道丹
片岡半蔵百姓A
木南兵介百姓B
中村時之介重臣浅川政敏
中里阿津子由美
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック