人斬り 一般

五社英雄が勝新を主演に迎え、幕末に“人斬り以蔵”の異名を受けた青年を描いた時代劇の傑作。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

岡田以蔵は、土佐の貧乏郷士に生まれ育った酒と女に目のない暴れ者だった。そんな彼を“人斬り以蔵”とまで呼ばれる刺客にしこんだのは、土佐勤王党の首領武市半平太。冷酷な革命家武市は、自分の政策上以蔵の腕を必要としていたのだった。土佐藩主の執政吉田東洋を門出の血祭りにあげて京に上った二人は、派手な殺りく活動をはじめ、好ましからぬ人物、を次々に消していった。以蔵の活躍は、一躍京洛の話題にになった。


解説

「首」の橋本忍がシナリオを執筆し、「御用金」の五社英雄がメガホンをとった。撮影は「関東おんな悪名」の森田富士郎。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給大映
制作国日本 (1969)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)岡田以蔵
仲代達矢 (Tatsuya Nakadai)武市半平太
三島由紀夫田中新兵衛
石原裕次郎 (Yujiro Ishihara)坂本竜馬
倍賞美津子 (Baisho Mitsuko)おみの
新條多久美姉小路綾姫
仲谷昇姉小路公知
下元勉松田治之助
山本圭 (Kei Yamamoto)皆川一郎
伊藤孝雄天野透
賀原夏子おたき
田中邦衛 (Kunie Tanaka)六角牢の役人
山内明勝海舟
清水彰井上佐一郎
郡司良平松外記
東大二郎両替屋の番頭
宮本曠二郎渡辺金三郎
伊吹総太朗本間精一郎
藤森達雄北崎進
黒木現工藤
北村英三京都所司代与力
伊達三郎 (Saburo Date)京都市中見廻組役人
青木義朗横川帯刀
波多野憲久坂玄瑞
福山錬宮部鼎蔵
新田昌玄伊知地三左衛門
萩本欽一牢名主
坂上二郎 (Jiro Sakagami)熊髭
辰巳柳太郎吉田東洋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック