仁義なき戦い・代理戦争 一般

「仁義なき戦い」シリーズ第3弾

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和35年4月、広島市最大の暴力団村岡組の第一の実力者杉原が、博奕のもつれから九州のやくざに殺された。杉原の兄弟分打本組々長打本はこの時、きっちりと落し前をつけなかったために、村岡組の跡目をめぐって熾烈な抗争が起こることになった。山守も村岡組の跡目に野心をもつ1人で、広島に顔の利く広能を強引に山守組傘下に復縁させた。一方、打本も、村岡組の幹部江田と共に広能と兄弟盃を交わし、更に日本最大の暴力団、神戸の明石組へ広能を介して盃を申し入れた。


解説

“仁義なき戦い”シリーズ第3作。やくざ組織の抗争事件の裏に渦巻く、欲望、背信、復讐の凄惨かつ陰惨な組織の実態を描く。脚本は『仁義なき戦い 広島死闘篇』の笠原和夫、監督も同作の深作欣二、撮影も同作の吉田貞二がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1973)
ジャンルアクション 任侠/時代劇


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
菅原文太 (Bunta Sugawara)広能昌三
五十嵐義弘水上登
川谷拓三西条勝治
渡瀬恒彦 (Tsunehiko Watase)倉元猛
野口貴史岩見益夫
金子信雄 (Nobuo Kaneko)山守義雄
木村俊恵利香
田中邦衛 (Kunie Tanaka)槙原政吉
小林旭 (Akira Kobayashi)武田明
成田三樹夫松永弘
山城新伍江田省一
鈴木康弘杉原文雄
内田朝雄 (Asao Uchida)大久保憲一
曽根晴美上田利男
加藤武 (Takeshi Kato)打本昇
室田日出男早川英男
丹波哲郎 (Tetsuro Tanba)明石辰男
山本麟一宮地輝男
遠藤辰雄相原重雄
梅宮辰夫 (Tatsuo Umemiya)岩井信一
木谷邦臣和田作次
大木晤郎森久宏
成瀬正孝平田国夫
大前均若杉三郎
汐路章 (Akira Shioji)青木彦次郎
北村英三橋詰
堀越光恵弘美
中村英子江奈
太田のり子桃子
池玲子富枝
小田真士児島会会長
名和宏村岡常夫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック