男はつらいよ・翔んでる寅次郎 一般

シリーズ10周年、23作目の記念的作品

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

北海道を旅する寅次郎、ひとり旅の娘・ひとみと知り合い、彼女が旅館のドラ息子の毒牙にかかろうとしているところを救ったことから、一夜の宿を共にすることになった。ひとみはある会社の社長の息子との結婚をひかえており、何となく気が重く、そのことを寅次郎に話すと、寅次郎から賛沢だとたしなめられる。数日後ひとみと邦夫の結婚式が豪華に行なわれていた。しかし、人形のような花嫁姿に耐えきれなくなったひとみは、ウエディングドレスのまま式場を飛び出し、タクシーに乗ると、思わず、寅次郎から聞いていた“柴又”と言ってしまう…。


解説

シリーズ始まって10年、23作目の今作品の21代目のマドンナには桃井かおりが迎えられた。北海道で知り合った娘に一目惚れするが、最後は彼女の仲人をつとめる寅次郎の姿を描く。脚本は『男はつらいよ 噂の寅次郎』の山田洋次と『俺たちの交響楽』の朝間義隆の共同執筆、監督も同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1979)
ジャンルドラマ コメディ


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
渥美清 (Kiyoshi Atsumi)車寅次郎
倍賞千恵子 (Baisho Chieko)さくら
下條正巳車竜造
三崎千恵子 (Chieko Misaki)車つね
前田吟 (Gin Maeda)諏訪博
太宰久雄社長
佐藤蛾次郎源公
中村はやと諏訪満男
笠智衆 (Ryu Chishu)御前様
桃井かおり (Momoi Kaori)入江ひとみ
布施明小柳邦夫
湯原昌幸旅館の若旦那
木暮実千代 (Michiyo Kogure)ひとみの母親
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック