仁義なき戦い・頂上作戦 一般

深作欣二監督が贈る、“仁義なき戦い”シリーズ第4作目

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和38年春/西日本広域暴力団明石組と、ライバル神和会との代理戦争とも言うべき広島抗争は、激化する一方だった。明石組系の打本組(広島)と広能組(呉)、神和会系の山守組(広島)の双方は、はっきりと対立の様相を呈していた。同年5月相次ぐ暴力事件への市民の批判と相まって、警察は暴力団撲滅運動に乗り出し“頂上作戦”を敷いた。その頃、呉市では広能組が、山守組傘下の槙原組と対立していた。広能と打本は、広島の義西会・岡島友次に応援を依頼し、ひたすら中立を守る岡島を、明石組の岩井も説得する。やがて、広能組の若衆河西が、槙原組の的場に射殺されたことから、広能と山守の対立は正に一触即発となった…。


解説

“仁義なき戦い”シリーズ第四作目。昭和38年春から39年へかけて、敵対する二つの広域暴力団の代理戦争とも言うべき広島抗争を、リアリズム・タッチで描く。原作は飯干晃一の「仁義なき戦い」、脚本は「仁義なき戦い 代理戦争」の笠原和夫、監督も同作の深作欣二、撮影も同作の吉田貞次がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1974)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
菅原文太 (Bunta Sugawara)〈広能組〉広能昌三
八名信夫 (Nobuo Yana)〈広能組〉河西実
黒沢年雄 (Toshio Kurosawa)〈広能組〉竹本繁
野口貴史〈広能組〉岩見益夫
加藤武 (Takeshi Kato)〈打本組〉打本昇
西田良〈打本組〉森田勉
長谷川明男〈打本組〉福田泰樹
有川正治〈打本組〉三上達夫
小林稔侍 (Nenji Kobayashi)〈打本組〉谷口寛
三上真一郎〈川田組〉川田英光
小倉一郎〈川田組〉野崎弘
金子信雄 (Nobuo Kaneko)〈山守組〉山守義雄
木村俊恵〈山守組〉山守利香
志賀勝〈山守組〉吉井信介
田中邦衛 (Kunie Tanaka)〈槙原組〉槙原政吉
大木悟郎〈槙原組〉森久宏
成瀬正孝〈槙原組〉的場保
小林旭 (Akira Kobayashi)〈武田組〉武田明
笹木俊志〈武田組〉織田英士
山城新伍〈江田組〉江田省一
平沢彰〈江田組〉山本邦明
梅宮辰夫 (Tatsuo Umemiya)〈明石組〉岩井信一
遠藤太津朗〈明石組〉相原
木谷邦臣〈明石組〉和田作次
室田日出男〈早川細〉早川英雄
夏八木勲 (Isao Natsuyagi)〈早川細〉杉本博
白川浩二郎〈早川細〉楠田時夫
小池朝雄 (Asao Koike)〈義西会〉岡島友次
松方弘樹 (Hiroki Matsukata)〈義西会〉藤田正一
内田朝雄 (Asao Uchida)大久保憲一
曽根晴美上田利男
小田真士神代己之吉
中村錦司石神健次郎
潮健児吉川
紅かおる吉川の妻
芦田鉄雄県警本部課長
鈴木瑞穂 (Mizuho Suzuki)編集長
嵐寛寿郎老師
汐路章 (Akira Shioji)看守
堀越光恵光川アイ子
中原早苗菊枝
城恵美千鶴子
賀川雪絵明美
渚まゆみ三重子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック