太平洋奇跡の作戦・キスカ 一般

特技監督を円谷英二が担当した戦争もの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和18年5月29日北太平洋アリューシャン列島のアッツ島玉砕に続き、それより120浬離れた孤島キスカ玉砕は時間の問題とされていた。大本営海軍部の司令長官川島中将は、5200の守備隊見殺し説の強い中で、キスカを救えとくい下り、この作戦に大村海軍少将を指命した。この日からキスカ島無血撤退の準備は進められた。時しもキスカ島は、米太平洋艦隊の厳重な封鎖にあい、食料弾薬の欠乏の前に、守備隊の運命は風前の灯であった。撤退作戦は、10数隻の軽巡洋艦及び、駆逐艦を使って、北太平洋特有の濃霧に隠れ、隠密裡にキスカ島に到着、一挙に守備隊収容撤退を企る手しかなかった。


解説

『勇者のみ』の須崎勝弥がオリジナル・シナリオを執筆、『現代紳士野郎』の丸山誠治が監督した戦争もの。撮影は『団地・七つの大罪』の西垣六郎。特技監督は『宇宙大怪獣 ドゴラ』の円谷英二。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1965)
ジャンル戦争 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
特技監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル
特技撮影
特技照明
合成

キャスト

俳優名役名
三船敏郎 (Toshiro Mifune)大村少将
山村聡 (Soh Yamamura)川島中将
中丸忠雄国友大佐
稲葉教男玉井中佐
田崎潤 (Jun Tazaki)阿久根大佐
児玉清 (Kiyoshi Kodama)福本少尉
大友伸五艦隊機関参謀
草川直也五艦隊機関通信参謀
船戸順三上少尉
小川治彦三上少尉ガンルーム士官A
伊吹徹三上少尉ガンルーム士官B
山田彰三上少尉ガンルーム士官C
広瀬正一山下水兵長
向井淳一郎一水戦参謀一
岡部正一水戦参謀二
伊藤久哉木曽艦長
佐藤允 (Makoto Sato)天野少佐
久保明 (Akira Kubo)俵少尉
桐野洋雄イ号七先任将校
藤田進 (Susumu Fujita)秋谷司令官
土屋嘉男寺井先任参謀
平田昭彦工藤軍医長
岡豊宮本水警隊長
荒木保夫若月電探士
山本廉分遣隊長
長谷川弘防空隊長
堤康久主計長
二瓶正也中村上水
阿知波信介阿部上水
石田茂樹松原二曹
黒部進加藤一水
大塚国夫茂木中尉
佐田豊佐野一曹
堺左千夫小島主計兵長
大前亘通信士
志村喬軍令部総長
西村晃軍令部赤司参謀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック