栄光への反逆 一般

柴田鎌三郎の原作「生命ぎりぎり物語」を映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

芝雄吉は昨夜も人を殺した。その前にも一人殴り殺しているのだ。彼はプロボクシング世界フェザー級チャンピオンだが、このままボクシングを続ける限り、人を殺す機械と化していきそうで、興業界の大物・室町東吾の養女、千代にその悩みをぶつけた。雄吉に同意した千代は百年亡者と仇名される彼女の伯父・佐木正助の話をした。その男は常に命を賭けた仕事ばかりを求めて、今では砂金探りに北海道の山奥へ、入ったきりだということだった…。


解説

柴田鎌三郎の原作「生命ぎりぎり物語」を『女の警察 国際線待合室』の中西隆三と『あばれ丁半』の宮下教雄が共同脚色し、監督には『ザ・スパイダースの大進撃』以来2年ぶりにカムバックした中平康があたったアクション・メロドラマ。撮影は『白昼の襲撃』の黒田徳三が担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1970)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
黒沢年雄 (Toshio Kurosawa)芝雄吉
松原智恵子 (Matsubara Chieko)千代
三橋達也室町東吾
岡田英次 (Eiji Okada)佐木正助(百年亡者)
高橋紀子マキ
大前均禿熊
田中邦衛 (Kunie Tanaka)虎武
北沢彪ドテラ爺
睦五郎ノサップの猪之
寺田農 (Minori Terada)鹿五
田中浩 (Hiroshi Tanaka)蝶鮫
中庸介坊主
荒木保夫山犬
岩本弘司カラス
木村博人キツネ
浅若芳太郎伝太郎
左卜全老人
高田稔牧師
堺左千夫突撃
鈴木和夫漁夫
矢崎裕之真一
宇野晃司食堂の親爺
富田仲次郎ニシン場の親方
桧よしえニシン場の母親
原田力棒頭A
当銀長太郎棒頭B
上西弘次棒頭C
大前亘新聞記者A
越後憲新聞記者B
斎藤宣文新聞記者C
伊藤実トレーナー
若山真樹熊に襲われた女
ディック・ネビアスDr.デボノ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック