真田幸村の謀略 一般

真田十勇士の戦いを描く

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

慶長15年、天下統一の野望を成就しようとする家康は、名古屋城を造営して、大坂城の豊臣秀頼一党を討つための準備を進めていた。一方、真田昌幸・幸村父子は、紀州・九度山で残り少ない家臣と共に、戦いの決意を固めていたが、家康は間者を潜入させ、昌幸を殺害する。幸村の妻・綾は自刃を遂げた。幸村は穴山小助のみを残し、他の家臣を上田城へ帰し、家康側についた兄・信幸と決別、一匹狼の道を選んだ。亡父の意志を継ぎ、家康の首をとる決心をした幸村は、家康の送った服部半蔵に殺されてしまった戸沢白雲斎の残した人名帖から、諸国を放浪する草の者を集めた。


解説

関ケ原の戦いで敗退した真田幸村が、天下統一の野望を成就しようとする家康の首を狙って、真田十勇士と共に、さまざまな謀略に打って出る姿を描く。脚本は『やくざの墓場 くちなしの花』の笠原和夫「団鬼六 縄と肌」の松本功、『ひと夏の秘密』の田中陽造、『総長の首』の中島貞夫の共同執筆、監督も同作の中島貞夫、撮影は『地獄(1979)』の赤塚滋がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1979)
ジャンル任侠/時代劇 アクション


スタッフ

監督
特撮監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
監督補
助監督
特殊効果
スチール
ナレーション

キャスト

俳優名役名
松方弘樹 (Hiroki Matsukata)真田幸村
寺田農 (Minori Terada)霧隠才蔵
あおい輝彦猿飛佐助
ガッツ石松 (Guts_Ishimatsu)海野六郎
野口貴史望月六郎
森田健作筧十蔵
火野正平穴山小助
岩尾正隆由利鎌之助
岡本富士太根津甚八
真田広之 (Hiroyuki Sanada)三好伊三入道
秋野暢子三好清海入道
片岡千恵蔵真由昌幸
梅宮辰夫 (Tatsuo Umemiya)真田信幸
萩尾みどり真田綾
北村英三穴山小兵衛
村居京之輔池田長門
和田昌也戸田采女
橘麻紀さつき
谷川みゆきおふく
浜村純戸沢白雲斉
丹阿弥谷津子 (Yatsuko Tanami)望月千代女
小泉美由記八つ手
木村英やなぎ
岡麻美つばき
田中みき小つる
市川好朗重助
志茂山高也千足
勝野賢三耳肋
タンクロウかぶき者
萬屋錦之介 (Kinnosuke Yorozuya)徳川家康
小坂和之徳川秀忠
進藤盛裕徳川義直
茂山千五郎金地院崇伝
金子信雄 (Nobuo Kaneko)林羅山
香川良介天海
小林昭二本多正純
林彰太郎板倉勝重
江波杏子 (Enami Kyoko)阿茶局
川浪公次郎西脇民部
壬生新太郎井上外記
曽根晴美服部半蔵
笹本清三伊賀の玄鬼
春田純一赤蜘蛛
福本清三 (Seizo Fukumoto)疾風
大矢敬典
木谷邦臣市兵衛
平河正雄名古屋城城士
奔田陵名古屋城城士
志賀勝牢人
丸平峰子その妻
小峰隆司捕方
池田謙治指揮の侍
司裕介役人
畑中伶一役人
山田良樹行列の侍
藤沢徹夫行列の侍
平沢彰前田藩の武将
唐沢民賢前田藩の武者
波多野博前田藩の武者
阿波地大輔牢人団
宮城幸生牢人団
大城泰牢人団
秋山勝俊牢人団
高並功家康本営の将
泉好太郎家康本営の将
五十嵐義弘家康の使者
小倉一郎豊臣秀頼
高峰三枝子淀君
上月左知子大蔵卿局
桜町弘子 (Hiroko Sakuramachi)宮内卿局
松村康世二位局
富永佳代子右京太夫局
星野美恵子正栄尼
森愛常高院
戸浦六宏 (Rokuhiro Toura)大野治長
梅津栄片桐且元
野口元夫織田有楽斉
白井滋郎木村重成
疋田泰盛速水甲斐守
土橋勇真野豊後守
成田三樹夫後藤又兵衛
遠藤征慈塙団右衛門
宮内洋長曽我部盛親
丘路千毛利勝永
中村錦司明石全登
丹波哲郎 (Tetsuro Tanba)加藤清正
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック