新座頭市物語 笠間の血祭り 一般

市、シリーズ25作目にして、初の里帰り

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

市は生れ故郷、水戸街道の笠間宿へやって来た。同じ日、笠間に市の幼なじみで江戸に出て大成功して、故郷に錦をかざる米問屋の常陸屋新兵衛と、道中しつこく市に付きまとっていたフーテンの若者たち、友、ユリ、ゲン、ヒデ、ジュンもやって来た。新兵衛が凶作つづきにあえぐ故郷の人々を救うため、千両箱をみやげに訪れたというので、名主総代の庄兵衛はじめ村をあげて大歓迎。その頃、市は陶工の作兵衛と再会した。作兵衛は市のわんぱく坊主時代のことをよく覚えていた。


解説

“座頭市”シリーズ第25作目。初めて生れ故郷の笠間へ帰った座頭市が、土地のヤクザと悪代官を相手に大暴れする。脚本は服部佳子、監督は『新座頭市・破れ!唐人剣』の安田公義、撮影は『御用牙』の牧浦地志がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1973)
ジャンル任侠/時代劇 アクション


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)座頭市
十朱幸代 (Toake Yukiyo)おみよ
岡田英次 (Eiji Okada)常陸屋新兵衛
佐藤慶 (Kei Sato)林田権右衛門
岸部四郎
土屋嘉男庄兵衛
横山リエユリ
遠藤辰雄加賀田岩五郎
酒井修ゲン
高森玄 (Gen Takamori)貝塚玄十郎
石井くに子おさよ
浮田左武郎井筒屋徳兵衛
朝比奈尚行ヒデ
九段吾郎壷振り
浜田雄史政吉
寺島雄作弥兵衛
志村喬作兵衛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック