白い巨塔 一般

主演、田宮次郎で贈る、山崎豊子原作の同名小説の映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

浪速大学医学部では、明年定年退官となる東教授の後任をめぐって、色々な前工作が行なわれていた。東の教え子財前五郎は最有力候補と目されていたが、東は五郎の傲慢不遜な人柄を嫌っていた。貧しい家庭に生まれた五郎は人一倍名誉欲が強く、苦学して医学部を卒業した後、裕福な開業医財前又一の婿養子となり、その財力を利用して、助教授の地位を手にしたのである。最も五郎は食道外科に関しては若いながら権威者であり、癌の手術をさせると見事な腕前を示した。五郎は日頃から教授と助教授の間には大きな差があることを実感していたから、教授候補者として入念な事前工作を進めていた…。


解説

昭和38年から山崎豊子が「サンデー毎日」に連載した同名小説を、『大菩薩峠(1966)』の橋本忍が脚色、『氷点』の山本薩夫が監督した。撮影は『雁(1966』」の宗川信夫。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1966)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
田宮二郎 (Jiro Tamiya)財前五郎
東野英治郎 (Eijiro Tono)東教授
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)鵜飼教授
加藤嘉大河内教授
田村高廣 (Takahiro Tamura)里見助教授
下條正巳今津教授
船越英二菊川教授
滝沢修 (Osamu Takizawa)船尾教授
須賀不二男葉山教授
夏木章河合教授
加藤武 (Takeshi Kato)野坂教授
北原義郎乾教授
高原駿雄佃第一外科医局長
竹村洋介柳原第一外科助手
早川雄三安西第一外科助手
石山健二郎財前又一
長谷川待子杏子
藤村志保 (Fujimura Shiho)佐枝子
岸輝子正子
小川真由美ケイ子
瀧花久子黒川きぬ
見明凡太朗 (Bontaro Miake)岩田大阪医師会長
南方伸夫佐々木庸平
村田扶実子佐々木よし江
浜世津子時江
杉田康金井講師
河原侃二村井
潮万太郎鍋島
伊東光一川西
清水将夫河野弁護士
鈴木瑞穂 (Mizuho Suzuki)関口弁護士
永田靖裁判長
小山内淳事務長
山根圭一郎第一外科助手
平井岐代子田舎の婦人
天池仁美看護婦
岡崎夏子婦長
白井玲子里見の妻
安瀬充財前の少年時代
村井徹里見の長男
福原真理子女秘書
赤沢未知子芸者
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック